柴咲コウ、"湯川化"した福山雅治の軽蔑するような眼差しに思わず「ドキドキしましたよ…」

投稿日:2022/09/16 16:45 更新日:

9月16日放送の「めざまし8」(フジテレビ系)では、福山雅治さんと柴咲コウさんが生出演。福山さんが『ガリレオ』シリーズで演じる湯川学の役作りについて語り話題を集めました。

柴咲コウ

(画像:時事通信フォト)

■福山雅治『ガリレオ』の役作りを明かす

今回は『ガリレオ』シリーズの最新作となる映画『沈黙のパレード』で天才物理学者・湯川学を演じる福山さんと、女性刑事・内海薫役で出演する柴咲さんがスタジオに登場。

MCの谷原章介さんが「柴咲さんは目の前に完全な湯川が現れたから『やらねば』と仰ってましたけども、いいかがでしたか?」と話を振ると、柴咲さんは「久しぶりに湯川先生の福山さん見て緊張しました。いきなり掛け合いのシーンからだったのでドキドキしましたね」とコメント。

また、谷原さんが「福山さんが湯川先生は肉体的な所から役作りをしていったと仰ってましたけど、普段からそうやって肉体的な所からアプローチされるんですか?」と尋ねると、福山さんは「いや初めてでしたね。こういうアプローチは…。役作りってなると気持ちからかなってのがあったりするんですけど、後はまぁ扮装かなってのがあるんですけど」と語ります。

続けて、福山さんは「体の動かし方から作っていくってのが初めてだったので、小さい頃自転車乗ってて最近乗ってないけど、いつでも乗れるみたいな感じで、久しぶりなんだけど役柄としては割とスッと入っていけたんですよね」と自然と役に入っていけた事を明かしました。

■柴咲コウ、"湯川化"した福山雅治の軽蔑するような眼差しに思わず「ドキドキしましたよ…」

さらに、永島優美アナウンサーが「リアルにお二人(湯川と内海)が久しぶりに再会された時ってどんな感じだったんですか?撮影現場で」と尋ねると、福山さんは「僕は柴咲さんが仰る通り、先にSPドラマの方から入ってたんで"湯川化"してはいたんです」と返答。

続けて、福山さんが「その"湯川化"した状態を柴咲さんがご覧になったんで、ちょっと最初は『あっ!?』って思ったって」と振り返ります。

柴咲さんは「思いましたよ。ドキドキしましたよ、そりゃ…。ちょっと何か軽蔑したような眼差しというか、湯川先生独特の感じで見られるので『あれ?私何か間違ってるかな』みたいな」と最初はドキドキしたそう。

一方で、福山さんは「素の福山は優しいですよ」と役を離れれば優しいと伝えると、柴咲さんも「素の福山さんは本当に優しい」と相槌を打ちました。

今回の放送について、ネット上では「ましゃも谷原さんも知らない人じゃないから、お互い安心やね…」「観てます たっぷりトーク嬉しい、ましゃ、柴咲コウさん、素敵 映画楽しみです」「ましゃと谷原さんのやりとり実に最高だわ安心して見てられる」などのコメントが上がっています。

"湯川化"した状態の福山さんと対面して「ドキドキした」という柴咲さん。湯川学の独特の眼差しがどんな目を指すのか、想像できたドラマファンは多かったのではないでしょうか。

『沈黙のパレード』で2人がどんな物語を見せてくれるのか、ますます楽しみになりましたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.