菅田将暉の鋭い観察眼に感心!さまぁ〜ず大竹を「ジョーカー」と分析する理由が深すぎる!

投稿日:2022/09/09 10:35 更新日:

9月8日放送の「紙とさまぁ〜ず」(テレビ東京系)では、俳優の菅田将暉さんが"紙ゲスト"として登場。菅田さんがさまぁ〜ずの2人を分析し話題を集めました。

菅田将暉

(画像:時事通信フォト)

■菅田将暉の鋭い観察眼に感心!さまぁ〜ず大竹を「ジョーカー」と分析する理由が深すぎる!

「紙とさまぁ~ず」は、さまぁ〜ず・三村マサカズさんと大竹一樹さんが中心になって考えたアンケート(紙)をゲストに投げかけ、その回答をもとに2人がスタジオでトークする番組。

今回の番組では「さまぁ〜ずの2人を想像でもいいので分析して頂けませんか?」との質問に、菅田さんは「(大竹さんは)アンチヒーローものの映画のような人、例えば『ジョーカー』」と回答。

続けて、菅田さんは「伊達メガネという印象と、色んな仕草が多いイメージで言葉にできないストレスや思っていることを伝えようという心情描写が面白そうなので、ナードなムードのあるアンチヒーローものの映画のような方なのかなと分析しました」とそう思った理由を明かしました。

ここで、大竹さんが「ナードって何?」と聞くと、アシスタントの竹﨑由佳アナウンサーは「その分野の知識が豊富な人、オタクのような意味合いらしくて。ファッション用語では大ぶりのメガネやあえてダサい印象を持たせたスタイルのこと」と意味を伝えます。

すると「なるほどね。いいですね。こんな書いてくれて、考えてくれたんだね」と長文で回答してくれた菅田さんに感謝を伝える大竹さん。

一方で、相方の三村さんは「いいと思います『ジョーカー』あってるんじゃないかな。洗濯物であれだけ語る大竹さんはやっぱジョーカー」と持論を展開しました。

■菅田将暉、さまぁ〜ず三村を分析「古着さんの印象があるので…」

また、菅田さんは三村さんを「サクセスストーリーものの映画のような人(例えば『クール・ランニング』)」と分析。

続けて、菅田さんは「古着さんの印象があるので、好きなものやこだわりがあってそれで周りを認めさせていく、リーダー的な個性が立っているサクセスストーリーのような方なのかなと分析しました」とそう感じた理由を明かします。

菅田さんから分析された三村さんは「『クール・ランニング』いいじゃん大好きな映画」とコメント。

さらに、三村さんは「菅田くんも古着好きそうだから菅田将暉の選んだ古着で俺はこの映画出てみたい」と菅田さんが選んだ服を着て作品に出たいという願望を明かしました。

今回の放送について、ネット上では「面白かった。菅田くんのいいところ出てた。やっぱりさまぁ~ず好きだわ」「紙とさまぁ~ず菅田くん、理由も丁寧に書いてくれてて面白かった」「さまぁ〜ずを分析する菅田くんの丁寧な文章、人柄がにじみでている」などのコメントが上がっています。

大竹さんの事を「ジョーカー」のようなアンチヒーローと分析した菅田さん。その理由などに興味津々となった視聴者は多かったようです。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.