吉田拓郎、手紙で綴った思い「KinKi Kidsと篠原ともえという若者達と…」20年以上前すでに"気付いていた事"とは?

投稿日:2022/07/29 16:13 更新日:

7月29日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)には、篠原ともえさんが出演。篠原さんがKinKi Kidsの番組を通じて知り合った吉田拓郎さんからのメッセージに感動する場面があり話題になりました。

吉田拓郎

(画像:時事)

■篠原ともえを励ました吉田拓郎の言葉とは?

2022年をもって引退を発表している吉田さん。篠原さんは、吉田さんの最新アルバム「ah-面白かった」のアナログLP盤の衣装デザインおよびディスクジャケットのアートディレクターを担当しました。

司会の黒柳徹子さんが「出来上がりはどうでした?」と尋ねると、篠原さんは「拓郎さんと物作りをできるっていうのがすごく嬉しかったですね」とコメント。

「拓郎さんは私がデビュー当時の歌を歌ったりテレビに出てる頃から『篠原 お前いつかデザイナーになれよ』」っていう風に言ってくれた唯一の人だったんですね」と吉田さんからデザイナーになる事を勧められていたという篠原さん。

「拓郎さんが『篠原の洋服は僕も見ていて楽しい気持ちになるから、自分のアイデアっていうのを色んな人に届けてあげなさい、それが君の仕事だよ』って…。一番最初に見通してくれた人なのかもしれません」と吉田さんの言葉に励まされた事を明かしました。

■篠原ともえ、恩師・吉田拓郎のメッセージに号泣「ちょっと感動させないください」

今回の番組では、吉田さんからメッセージが届いていました。そこには「20年以上も前でした。KinKi Kidsと篠原ともえという若者達と番組を一緒にやる中で彼らから、はかり知れない勉強をさせてもらいました。篠原ともえはあの頃から芸術的なセンスが輝き始めていました。今回LPアルバムのジャケット等のデザインをお願いした事を誇りに思います」というメッセージが。

続けて「と同時に彼女のこれからのにますます大きな期待をいたしております。吉田拓郎」と綴られていました。

篠原さんは「ラブレターですね!嬉しいです!」と話し涙ぐみます。

また、徹子さんが「どういう気持ち?」と問いかけると、篠原さんは「胸がいっぱいになりますね。本当に拓郎さんとは色んな思い出があるんですけど、そうやって自分の最後のアルバムに声をかけてくださったり、今の私の活動をすごく温かく見守ってくれて」と吉田さんに感謝を伝えました。

さらに「本当に何か尊敬するアーティストであり、物作りの師匠という感じがするので、 これからもこのアルバムを最後にっておっしゃってますけれども追いかけたいなって…」と篠原さん。

続けて「物を作っていく力強い姿勢っていうのは一緒にお仕事をさせていただいて本当に勉強になったのでずっと仲良くしていたいなっていう風に思ってます。 ちょっと感動させないください、拓郎さん。すごい何か嬉しくなっちゃいました」と話し、号泣しました。

■吉田拓郎の手紙に「もらい泣きしちゃった」の声

今回の放送について、ネット上では「たまたま徹子の部屋見たけど、よかった。篠原ともえさんがゲスト。吉田拓郎さん、KinKi Kidsとの話」「篠原ともえちゃん綺麗だな、拓郎さんからのお手紙にもらい泣きしちゃった」「KinKi Kids・篠原と吉田拓郎の関係いいなー。若者から刺激もらえる大人素敵よね。私もこうありたい」などのコメントが上がっています。

吉田さんの篠原さんへのメッセージが素敵でしたね。

また、吉田さんが篠原さんにデザイナーを勧めていたエピソードに驚いた人も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
徹子の部屋
https://tver.jp/episodes/epjwlq2isg

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.