KinKi Kidsが尊すぎる!『Amazing Love』歌詞の"赤と青"でお互いが全く同じ心配していた

投稿日:2022/07/27 14:23 更新日:

7月27日KinKi Kidsが「THE TIME,」(TBS系)に出演。新曲『Amazing Love』の歌詞ができあがった経緯について話しました。二人がお互いに懸念していたことについて、ファンの間で話題となっています。

KinKi Kids

■"赤と青"二人のメンバーカラーが入った『Amazing Love』

ついに27日発売となったKinKi Kids45枚目のシングルとなる『Amazing Love』。

山下達郎さんが作曲し、KinKi Kidsが共同作詞を行った、デビュー25周年にふさわしい豪華タッグとなっています。

曲中使われている「Magic Time」というフレーズは、堂本光一さんが思いついたもの。

「空の青と赤が混在する奇跡的な時間」を意味すると言います。

Magic Timeの意味だけでなく、この楽曲には実際に何度も「青く」「赤く」というワードが登場。

光一さんのメンバーカラー赤、堂本剛さんのメンバーカラー青が取り入れられていることが、この曲の解禁直後から話題となっていました。

■KinKi Kidsが尊すぎる!『Amazing Love』歌詞の"赤と青"でお互いが全く同じ心配していた!

楽曲にメンバーカラーが使われたことについて、光一さんは「僕が赤で、剛くんが青で、メンバーカラーにいつの間にかなっていた」と話します。

約6時間に亘って、交互に言葉を紡ぐ形で作詞を完成していったという二人。

光一さんは、歌詞にメンバーカラーを入れることについて、「剛くん的には、あんまりそういうとこちょっと嫌かなって思いつつも」と、剛さんが嫌がることを懸念していたといいます。

その話を聞いた剛さんは、「それは逆に僕も思っていたので、控えてたんですよ。なんか赤と青入れようかなと思ったんですけど、(光一が)照れたりするのかなと思って」と話し、全く同じ心配をしていたことが判明。

光一さんも「なるほど」と呟き、「じゃあ、お互いにそう思ってたってことですね」と、どこか安心した表情になっていました。

お互いにお互いを心配しつつも、その場では直接聞かないところが、なんともKinKi Kidsらしいエピソードでしたね。

■思いやる二人にファンが「相思相愛」と大盛り上がり

このやりとりに、ネット上では「尊ッ!!!」「お互いのことを考えながらちょっと控えようとしてた二人。やっぱり愛に溢れてる」「お互いに思ってたKinKi Kids最高じゃない?」「相思相愛ですね」と、ファンが大盛り上がり。

新曲の発売日ということで、たくさんの情報番組で姿を見ることが出来たKinKi Kidsに、「朝から幸せ」と喜ぶファンも見られました。

普段あまり連絡を取らないと公言している二人ですが、お互いをちゃんと思いやっていることが伝わってきますね。

メンバーカラーの歌詞を意識した上で、改めて最新曲『Amazing Love』を聴いてみてはいかがでしょうか。

(文:藤堂さと/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.