横浜流星「学校の2階から飛び降りて…」着地した場所に爆笑?反抗期エピソードが「やばいやつ」と話題

更新日:

5月10日の「A-Studio」に、人気上昇中の若手俳優・横浜流星さんが登場。子供の頃や家族のエピソードなど、貴重な話題が沢山飛び出し、話題になっています。

両親へ取材!部屋の写真も公開


番組冒頭でアシスタントMC・上白石萌歌さんから、「名前の如くキラキラしてる人」と紹介され登場。番組序盤では、上白石萌歌さんのお姉さんの萌音さんと横浜流星さんの共演作「LDK」や、不良少年役を演じて話題になった「初めて恋をした日に読む話」等が紹介され、続いて、MCの2人(上白石さんと笑福亭鶴瓶さん)が横浜さんの実家のご両親の元に取材に訪れた模様が紹介されました。

大工さん一筋のお父さんと、44歳の若いお母さんが写真で登場。実家にいた時の横浜さんの部屋の写真も公開され、ファンには嬉しいシーンだったのではないでしょうか。

「年齢なんて関係ないです」ファンへ感謝語る

さらに、最近の自身の活動として写真集を出した事を話し、「握手会もやったんですけど、ありがたい事に20歳位の方々から60位まで(来てくれて)」と語り、「握手会の時に"アラサーですけど(おばちゃんでも)応援(して)大丈夫ですか?"とか言って下さるんですけど、年齢なんて関係ないですよ。全く関係ないです。」と、応援してくれるファンへの感謝を語っていました。

「目立ちたかった」学生時代の反抗期

鶴瓶さんが、ご両親から聞いた話として横浜さんの反抗期について話を振る場面では、「武道をやっていて、人に手を出したらダメだってのは分かってるので」と、人にこそ手は出さないものの、「水道を破裂させる」、「ガラスを割る」、「学校の2階から飛び降りて着地した先が校長先生の所だった」等、数々のやんちゃエピソードが明らかに。

これについて本人は「何て言うんですかね…目立ちたかったと言うか…」と申し訳なさそうに言葉を繋いでいました。加えて、幼なじみの男性も写真で登場し、「校庭で昼休みに真っ裸になった」というおふざけエピソードも披露されました。

反抗期エピソードに「結構やばいやつ」の声?

今回の放送を受けてTwitterでは、「カッコ良すぎた!」「色んなお話があって30分が本当にあっという間だった」という声や、「初めて聞く話が多くて嬉しかった」など歓喜の声が多くあがっていました。なかには、「反抗期エピソードすごすぎて」「結構やばいやつwww」などの声も。反抗期のエピソードに衝撃をうける人も多かったようですね。

イケメンで人気の俳優さんですが、とても謙虚な姿勢が印象的。それも沢山のファンから愛される理由の1つかもしれませんね。今後の活躍が楽しみですね。(文:中島華)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.