乃木坂46・山下美月「グループを代表して」コメントを求められることに違和感!?センターの重圧語る

投稿日:2021/05/15 11:53 更新日:

5月14日、「東京カレンダー」の公式YouTubeチャンネルに乃木坂46・山下美月さんが登場。「芸能界に入ってからの思い出の食事」や「乃木坂46センターの重圧」について語り、話題となりました。

(画像:時事)

■「すごく、すごくありがたい」次世代エース・山下!乃木坂史上3人目の快挙

「東京カレンダー」は、都会の大人に刺激的なライフスタイルを提供する事をコンセプトとする月刊情報誌。

山下さんは2021年7月号のカバーガールに抜擢されました。

乃木坂46からの起用は、白石麻衣さん、西野七瀬さんに次ぐ3人目。1期生以外からは初となる快挙です。

山下さんの撮影は7月26日が22歳の誕生日である事に因んで、ハレの日のためのレストランとして注目されているunisで行われました。

撮影後、感想を問われた山下さんは、「本当に『東京カレンダー』さんはずっと大好きな雑誌」だと打ち明け、「本屋さんで『東京カレンダー』が置いてあるのを見て、いつかこういうかっこいい大人になりたいな、と思って。10代の時から憧れだった雑誌」だと告白します。

その上で、「まさか自分が『東京カレンダー』さんに掲載していただく日が来るなんて思ってなかった」として、「すごく、すごくありがたいなと言うか、本当に素敵な時間をありがとうございます」と感謝の言葉を口にしました。

■山下が明かす「芸能界に入って思い出に残っている食事」

"理想の大人"について尋ねられた山下さんは、「余裕のある感じと言うか、オーラがあるような方」と語り、「私はまだまだ子どもな部分がたくさんある」と笑います。

「山下さんも落ち着いた雰囲気がありますが?」と質問されると、「そうですかね?」と照れつつも、「楽しい事も大変な事もいろいろやらせていただいたので、変に緊張しなくなる事が多くなってきたというか、自分の心も徐々に大人になってるんだなって言うのをすごく最近感じるようになってきた」と、心境の変化を明かしました。

続いて、「芸能界に入って思い出に残っている食事」について質問され、「いっぱいありますね」と悩みつつ、メンバーとの食事を挙げた山下さん。

「誕生日の時だとか、クリスマスの時だとか。いつも仲いい子と一緒に個室を予約して。『今日だけはちょっといいものを食べようか!』って言って、いいお肉とか食べてみたりとか」と、楽しそうに思い出を語ります。

さらに同期である3期生12名全員で食事に行ったというエピソードを紹介。

「みんなで『将来はこうしてたいよね』とか『こういう人間になって、こういう仕事をしてたいよね』って言う熱い思いをみんなでぶつけ合いながら食べたご飯はすごい美味しかったです」と、同期の絆を強く感じさせるコメントと共に振り返りました。

■山下「グループを代表して」コメントを求められることに違和感!?センターの重圧語る

乃木坂46の26枚目シングル「僕は僕を好きになる」で自身初となる表題曲のセンターを務めた山下さん。

その重圧について問われると、「本当にまだまだ私も未熟なところがたくさんあるので、日々勉強、日々成長させていただきながらやっている」としつつ、「でもやっぱり最初は自分に足りないところが多すぎて、その度に落ち込んだ」と告白しました。

さらに音楽番組に出演した際にコメントを求められるなど、「"グループを代表して"という言葉がすごく多くて。『でも私そこまで背負えるような大きい人間じゃないんです』って思いながら毎回やっていた」と、大きな重圧を感じていた事を明かします。

しかし、「やっぱり、アイドルグループって『楽しくあってほしいな』って」と、自分なりの考えを明かした山下さんは、「自分自身が楽しみながら活動をやらないと。ファンの方だったりとか、周りのスタッフさんにもどんよりとした空気が伝わっちゃったら『それはダメだな』って思った瞬間」があったことを告白。

その瞬間をきっかけに、「考え過ぎないように、気持ちを楽に。失敗したら失敗したで次に活かせばいい」と前向きに心境が変化した事を明かしました。

■山下の夢の実現にファンから祝福のコメントが殺到

最後に「これからの山下美月」について問われ、「本当に今、仕事がすっごい楽しくて。バラエティだとか、お芝居だとか、グループのアイドルの仕事だとか、いろんな本当に毎日毎日違う現場に行って違うことをするっていう生活を送っているので。個人的には本当にこんなにありがたい事はないなといろんな方に感謝しながらお仕事ができている」と、語る山下さん。

その上で、「自分としてはやっぱりもっと、お芝居もうまくなりたいし、いろんな作品に出れるような人に。求められる人間になれるようにがんばらなきゃっていう思いがすごくある」と打ち明け、「22歳も自分のペースで、前向きに成長できたらいいなと思います」と決意を語りました。

何度も感謝の言葉を口にする姿が印象的だった山下さん。

反響も大きく、ネット上には「美月ちゃんのストイックさには本当に脱帽するレベル」「センターを経て、何かが変わった。その何かは上手く言葉に出来ないんだけど乃木坂の次世代を担う覚悟を感じた!」「東京カレンダー、表紙おめでとう!やました、綺麗すぎるやろ…夢だった仕事のひとつ、叶って良かったね…」など多くの感想や祝福の言葉が書き込まれていました。

「東京カレンダー」のカバーガールは、かねてより公言してきた山下さんの夢の一つ。

その夢が実現した幸福な瞬間に立ち会えた事に、改めて喜びを感じたという方も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
東京カレンダー
https://www.youtube.com/watch?v=ALL9J05n-t8

(文:こじこじ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.