野性爆弾・ロッシーの奇人ぶりが"イイ奴なのに怖い"と話題「水曜日のダウンタウン」

更新日:

2月13日の「水曜日のダウンタウン」では、「“奇人”芸人No.1決定戦」の模様が放送。奇人と噂の芸人が参加した同企画の中でも、野性爆弾・ロッシーさんの優しすぎる性格ゆえの奇人的言動に反響が話題になっています。

「“奇人”芸人No.1決定戦」が開催

巷で奇人との評判のバイきんぐ西村さん、ハナコ菊田さん、野性爆弾・ロッシーさんの3人が参加した検証「“奇人”芸人No.1決定戦」。これは、奇人と言われる3人の芸人にドッキリを仕掛けてそのリアクションで、彼らの奇人っぷりを明らかにしようという企画。最初に登場した西村さんは夫の不倫で揉める夫婦をなだめるドッキリに参加。不倫相手の女性も登場するカオスなシチュエーションの中、検証が行われます。最終的に西村さんはドッキリであることを明かされても、夫婦がパンツを履いていないという情報に最後までこだわりを見せ、奇人っぷり発揮します。続いて、登場したの菊田さんは詐欺師と面会するドッキリで企画を検証。詐欺師がお菓子を食べたりするなど異様な状況のドッキリですが、終始、淡々としている菊田さん。けれども、「水曜日のダウンタウン」のドッキリであることをバラすと豹変。高笑いをして「うわ、クソヤベー番組じゃなかいかよ」とコメント。ドッキリ判明後に狂気の一端を見せることになります。

突然怒り出す野性爆弾・ロッシー

最後に登場したのは野性爆弾・ロッシーさん。仕掛けたドッキリは引きこもりの青年を外に出すために説得を試みるというもの。お母さんと一緒に引きこもりの青年コウタ君の部屋にやってきたロッシーさん。ドア越しにコウタ君に呼びかけるお母さんの様子を見て、ロッシーさんは甘いと判断したのか、いきなり「すいませんでした、ごめんなさい、コウタ君聞いてるか。22年間あんたの気持ちも分からずに」と謝るのが「本当のことちゃいますの?」と声を荒げてお母さんを説教。さらに、「コウタごめん、お母さんに大きな声出して怒ってるおじさんいるわ」と自身の状況を無礼と感じたのか謝り出します。優しいゆえのロッシーさんなりのお母さんへの叱咤激励のようですが、スタジオでは「何やこれ」と浜ちゃんがツッコミ。

野性爆弾ロッシーは良い人だけど怖い?

ドアの隙間を通してコウタ君からメモが差し出され、「五月蝿い」「姦しい」という難しい漢字のメッセージが。しかし、ロッシーさんは漢字が読めず困惑。漢字が読めなくてもコミュニケーション成立と感じたのかコウタ君に「どんどんちょうだい」と語りかけます。最終的にドッキリであることを明かされたロッシーさんは「ほな良かったです」と安心するほど、引きこもりの青年を本気で心配していた様子。「よう分からんです。何かしらのドッキリなんですよね」と状況に困惑するなか、スタッフが「何のドッキリだと思います?」と質問。スタッフは「番組名」を聞いたつもりが、ロッシーさんは何を勘違いしたのか「春のドッキリ?季節もん?」と天然キャラが炸裂するコメントを残し、スタジオは爆笑で締めくくられました。

「イイ奴なのに怖い」SNSでも反響

放送を見た人からは、「ロッシー可愛い」「ロッシーが母親にキレるやつほんますこ」「ロッシーはイイ奴なのに怖い。脳が混乱する」などの声があがっていました。ロッシーさんの優しさは伝わったようですが、一方で、いきなり怒り出すところなど、感情の読み取りができない部分もあり、そこを見て怖いと感じた人もいるようですね。奇人ともとれますが、ロッシーさんの優しい性格は伝わる企画になりました。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.