宇垣美里 港区女子をバッサリ?「自分の力で得たものでは無いものは…」"尊敬する"と絶賛の声 #アイマイカイワイ が話題

更新日:

5月3日に放送された「図解デ理解 アイマイカイワイ」に、先日TBSを退社した宇垣美里さんが登場。「港区女子」特集が組まれたこの番組でも、本音でズバリと核心をつく"宇垣語録"が炸裂し、共感を呼びました。

巷で話題の「港区女子」を調査

宇垣美里さん、千葉雄大さん、燃え殻さん、長井短さんが出演した3日放送のた「図解デ理解 アイマイカイワイ」のテーマは「港区女子」。巷で耳にすることが増えてきた「港区女子」について、番組では「自称港区女子」や「港区女子と呼ばれる人」と呼ばれる人とコンタクトを取り彼女達の生活を調査しました。

名前からすると東京都港区に住んでいる女性が「港区女子」の条件かと思いきや、アンケートの結果、港区在住型の「港区女子」は23%で残りは港区外在住型「港区女子」ということがわかります。ちなみに、遠い所では群馬県安中市など遠い所から港区に通っている女性もいるよう。港区在住でなくても、社長などセレブな男性とのリッチな食事会などに参加していれば「港区女子」になる模様。

「港区女子」にもカーストがある?

そんな「港区女子」がリッチな食事会に参加する目的は、「恋愛」や「自分ではできない経験」に加えて、「100万円つかみ取りゲーム」などはっきりと「お金」が目的と語る人も。ただし、調査をすると「港区女子」の中にもランクがある事が判明。

経営者や社長クラスの飲み会では食事会には写真審査がある場合もあり、写真審査に落ちたという女性の話によると、「スクールカーストのようなランク付け」があるとのこと。最上位のSS=モデル・レースクイーン・アイドルから始まり、最下位のCランクの普通の大学生・OLに分けられ、ランクによって出会える男性の年収も変わってくるとのこと。

「容姿×コミュニケーション能力」に秀でた「港区女子」ほど、社会的地位が高い男性と食事するチャンスに巡り会えるようになっているようです。これについて、モデルの長井さんがさりげなく、「仕事の現場で会ったことはないのにパーティーには必ずいる女の子たちがいる。コミュニケーションが上手なんでしょうね」と語る場面が印象的。

本音でズバリと核心をつく"宇垣語録"が炸裂

TBS時代から本音で切れ味鋭いトークに定評のある宇垣さん、この日も"語録"が炸裂します。例えば、港区は「自分を引き上げてくれる」と話す女性に、「自分の力で得たものでは無いものは、本当に自分を引き上げてくれるのか」とコメント。さらに、男性に奢ってもらう事についても、「自分で払った方が美味しい」と語るなど、ぐうの音も出ない正論で核心をつく宇垣さん。他にも、アナウンサーだった経験も踏まえて、「(テレビ局の)部長にそんなに力がある?」と語るシーンなど笑いを誘います。

宇垣美里の言葉に賞賛の声

ネットでは、宇垣さんに、「ヒエラルキー的に港区女子SSに君臨できる宇垣アナが、港区女子の言ってることを全然理解できない様子だったのもなかなか良かった」「宇垣アナ、自分のこと反骨精神の塊って言ってたけど強い生き方で尊敬する、心の教訓にします」「宇垣さんの好感度が上がりまくる」などの声があがっていました。自身を反骨精神の塊と語る宇垣さんらしいコメント力は、フリーになってからも健在でこれからの活躍も期待したいですね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.