【驚き】打首獄門同好会junko、61歳でナンパされていた!新宿で『どっか行かない?』さらに爆笑エピソード続々

投稿日:2021/04/13 10:01 更新日:

毎週月曜日23時15分から放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)。4月12日の放送では、打首獄門同好会のメンバーjunkoさんが登場。見た目の若さや、年齢の公表に至るまでの話に、ネット上では驚きの声があがりました。

(画像:時事)

■【驚き】打首獄門同好会junko、61歳でナンパされていた!新宿で『どっか行かない?』

今回、打首獄門同好会のベースjunkoさんは「20歳下のメンバーとバンドを組んでずっと同年代と思われていたが、還暦をきっかけにみんなにカミングアウトしてめちゃくちゃビックリされた人」として登場しました。

番組では、現在62歳であるjunkoさんが、激しいライブパフォーマンスをしたり、普段から若々しい恰好をしたりしていることを紹介。すると、62歳とは思えないパワフルさと肌ツヤの良さを見て、スタジオからは「60代には見えない」と驚きの声があがります。

そこで、弘中綾香アナウンサーからは「街で声を掛けられた経験」について質問が。junkoさんは「恥ずかしいんですけど、ナンパされたり…」と告白します。

それは去年、つまり61歳の時に、新宿で男性から「ねぇ行かない?どっか行かない?」としつこく声を掛けられたのだとか。このエピソードを聞いた若林正恭さんは「俺の親父にちゃんちゃんこあげた時が60(歳)でしょ?って考えると信じらんないですよね、このビジュアルが…」とひたすら驚きをみせました。

■爆笑エピソード続々!年齢がバレそうになった数々のピンチを明かす!

年齢不詳のギャルファッション、さらに年齢を聞かれることもなく、奇跡的なすれ違いが重なったことで、最初はメンバーにも年齢差があることを気づかれなかったjunkoさん。

50歳の頃、契約書を書く機会にメンバーに打ち明けたそうで、話し合いの結果、ファンには還暦を迎えたときに発表することに決めたのだとか。そして、それまで周囲に年齢がバレそうになるピンチが何度かあったことを明かします。

それは年齢を黙っていたライブスタッフと雑談していたときのこと。思わず「ロシア」のことを「ソ連」と言ってしまったのだとか。その時junnkoさんは「普段の私の言動がどうもおかしい…」と、キャラクターということで誤魔化したようです。

さらに、「王監督」のことを「王選手」と言ってしまったことも。王貞治さんに対し監督のイメージを持っていた相手からは「"選手"ってなんですか!?」とツッコまれたものの「選手でしょ、昔は」と言って、納得させて切り抜けたのだとか。

そんな数々のピンチを乗り越えて還暦を迎えた誕生日のライブでファンに発表したjunkoさんでした。

■打首獄門同好会junkoに視聴者からも「素敵すぎる」「見習いたい」の声

年齢を公表したjunkoさんは「80歳になってもギャル服を着て激しく頭を振っていたい」という新たな夢を掲げます。

さらに「死ぬ時にはギャル服を着て棺桶に入りたい」とコメントしました。

今回の放送について、ネット上では「junkoさんが淡々とシラを切り通してて、もうすがすがしいほど素敵すぎる」「最高で最強に格好良い理想の女性」「還暦過ぎてるなんて、全然見えないし、若々しいし、見習いたいよ」「マジでロックだなぁ」といったコメントが。junkoさんのロックな在り方に心打たれていたようでした。また「あの日の衝撃は忘れられない」「当時、絶対冗談だと思った」などと、junkoさんの年齢を知った時の感情を思い返すファンもいました。

年齢を公表してからの新たな夢がとても素敵でしたね。

junkoさんのコメントやパワフルな姿から刺激を受けた視聴者が多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
激レアさんを連れてきた。
https://tver.jp/corner/f0071612
(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.