鈴木伸之のピッチング姿に大興奮!巨人・松原聖弥の兄とストラックアウト対決!?

投稿日:2021/06/30 10:21 更新日:

毎週火曜日放送のトークバラエティ番組「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)。6月29日の放送では、ゲストに北村匠海さんと鈴木伸之さんが登場。鈴木さんの特技披露がネット上で話題となりました。

(画像:時事)

■鈴木の始球式での快速球にスタジオ騒然!

今回は、事前アンケートを参考に、北村さんと鈴木さんが喜びそうな芸人、2000人以上の"ガヤデータベース"からマッチングする企画が実施されました。

小学校2年生から中学校3年生まで野球に打ち込んでいたという鈴木さんは、以前プロ野球の始球式に参加した時のことを話題にあげました。

東京ドームという大舞台で時速122kmの快速球を投げた鈴木さん、「ちょっと高めに球が浮いてしまったんですよ。外角低めが東京ドーム1番スピード出るみたいで、そこ投げてたら(時速)130(km)いけたかもしれなくて」と、悔しさを滲ませていました。

この鈴木さんの球速にスタジオは騒然とし、チョレートプラネット・長田庄平さんは、「始球式で(時速)120(km)出すのは相当上手くないと無理ですよ」と、その凄さを改めて感じているようでした。

そんな元野球部の鈴木さんにマッチングしたのが、ロングアイランド・松原ゆいさんと松尾侑治さん。

二人は高校時代、同じ野球部に所属していたそうで、なんと松原さんの弟は、読売巨人軍に所属している松原聖弥選手。

今回は、そんなプロ野球選手を弟にもつ松原さんと、始球式で快速球を投げた鈴木さんとで、ストラックアウト対決を行いました。

■巨人・松原の兄とストラックアウト対決!?

まずは肩慣らしのため、鈴木さんがスタジオ内でピッチングを披露。

目の前で繰り出された、時速113kmの鋭いストレートに、スタジオは騒然。

その後行われたストラックアウトでは、初球から鈴木さんが豪快に数字を撃ち抜き、3球中2球を的に当てて見事勝利。

一方松原さんは「日テレの4!」と、頑なに4を撃ち抜こうと健闘したのですがそれは叶わず、しかも3球中1球しか当てられずに敗退。

最後の一球は、すでに撃ち抜いている枠に球を投げ込み、その振動で違う数字が落ちるというなんとも微妙な終わり方になってしまい、フットボールアワー・後藤輝基さんから「微妙なん投げんな!」とお叱りのツッコミを入れられていました。

■鈴木のピッチング姿に大興奮!

ネット上では、「鈴木くん良い球投げる〜」「投げる方もとる方もすげ...」「フォームかっこいい」「のぶくんが松原聖弥のお兄ちゃんとストラックアウト対決してるけどのぶくんかっっっこ良すぎな」と、視聴者も大興奮だったようでした。

その後、松原さんもTwitterで「鈴木伸之さんありがとうございます!次はティモンディが相手になります」と、鈴木さんに感謝の言葉を述べていました。

思わぬところで鈴木さんのピッチング姿を見ることができ、ファンにとっては嬉しい時間となったようですね。

またどこかで鈴木さんの野球をしている姿を見たくなったのではないでしょうか。

【番組情報】
ウチのガヤがすみません!
https://tver.jp/corner/f0077658

(文:椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.