ナジャ、女装家広めたミッツ・マングローブを痛烈批判『謝罪会見して』ドラァグクイーン界の本音とは!?

更新日:

今田耕司さんと月亭八光さんがMCを務める「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(日本テレビ系)。10月26日の放送では、タレントのナジャ・グランディーバさんがゲストで出演し、「ドラァグクイーン」の世界について意外な本音を告白し話題となりました。

マツコのドラァグクイーンショーはハート強め

ドラァグクイーンとは、女装をして、音楽に合わせて口パクをしたり踊ったりするパフォーマーのこと。はるな愛さんの"エアーあやや"などは、まさにドラァグクイーンが昔からやっていたショーのあり方だとナジャさんは語ります。

今田耕司さんが「じゃぁ、マツコ・デラックスなんかは何やってたんすか?今みたいにテレビで有名になる前はショー出てたわけでしょ」と言うと、ナジャさんは「出てましたね。マツコは『異邦人』という曲で、顔を仮面で覆ってて何もせずに曲が終わるまで立ち尽くすってのを」と驚きのショーの内容を告白するとスタジオは大爆笑に。

月亭八光さんも「カッコええな~すごいハート!」とも絶賛します。

ミッツ・マングローブを痛烈批判『謝罪会見して』ドラァグクイーン界の本音とは!?

ドラァグクイーンの世界ではゲイ、ニューハーフなどのジャンルに別れていることから『オネェ』という言葉でひとくくりにされるのが嫌なんだそう。

「女装家」というジャンルでは、ミッツ・マングローブさんやマツコ・デラックスさんが一般的によく知られていますが、ナジャさんは、この言葉を使ってほしくないと力説します。

実は、「女装家」という言葉はミッツ・マングローブさんが「ドラァグクイーン」と言う言葉を使いたくなかったために勝手に作りだした言葉なのだとか。ナジャさんは「私らドラァグクイーンからすれば、ミッツは避難轟々なんですよ、ほんと一回謝罪会見してほしいぐらい、責任重大なんですよ」とまさかの本音を告白。

「IKKOさんはIKKOさん」どの分類にも属さない特別な存在

次に現在「オネェタレント」として活躍している方についてナジャさんが解説することになり、「IKKOさんは?」と聞かれるとナジャさんは「IKKOさんは私らの中ではIKKOさんなんですよ、どの分類にも入らない」とコメント。

続けて今田さんも「マツコもみんなIKKOさんには勝てない、違うねんやっぱ…」とどう説明していいのかわからない様子。この2人の言葉に「なにが違うんですか?」とスタジオがざわつきます。

ナジャさんが「落とし穴落ちてカツラ取れて『どんだけ~』みたいな、全身全霊でテレビに身を捧げられるのってできないですよ私らは」と言うと、今田さんも深く納得し「IKKOさんは美容家で本来は本職の邪魔になることは避けていきますよね、関係ないんですもん。IKKOやから」とIKKOさんが特別な存在であることに共感していました。

神の美輪明宏を軽々しく名前を出したGENKINGに全オネェ激怒

そして、最後の話題は美輪明宏さんについて。ドラァグクイーンの世界で神と崇められる美輪さんの名前を軽々しく出してほしくないというナジャさん。

すると今田さんが「GENKINGが現代の美輪明宏になりたいと言った時に、全オネェがブチ切れて、あんたみたいな若造がなに美輪さんの名前出してくれてんねん!ってめちゃめちゃ怒ってた」と驚きのエピソードを告白。

それに対してナジャさんも「みんな怒っていましたよね」と口を揃えたのでスタジオは騒然。

「なんでなんですか、そこまで美輪さんを?」と八光さんが聞くと「神だからです」と今田さんが即答しました。

ネットでは「女装家ってないんだね…IKKOさんはIKKOさん(笑)」「ナジャさんがドラァグクイーンの世界を語ってる。良い時代やね!頑張ってナジャさん」「美輪さんは神w、確かに神々しいw」「今ちゃんとナジャさんのIKKOさん話が面白い」などの声が上がっていました。

今回ナジャさんが出演したことで、ドラァグクイーン界の意外な本音を知ることができたのではないでしょうか。もっとナジャさんの話を聞きたいと感じた人も多いかもしれませんね。

(文:ししまる)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.