戸塚純貴は第二のムロツヨシ?福田雄一がエール「ムロくんに負けない役者になってほしい」

投稿日:2021/02/01 13:30 更新日:

2月1日の「スッキリ」(日本テレビ系)では、俳優の戸塚純貴さんへのインタビューの模様を放送。映画監督の福田雄一さんが戸塚さんの演技の魅力を明かし話題を集めました。

(画像:時事)

■戸塚純貴が影響を受けたのはジム・キャリー出演のあの名作

俳優の戸塚純貴さんは、美男子コンテスト「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」がきっかけで芸能界入りを果たしました。

そんな美男子の戸塚さんは、ジム・キャリーさん主演の映画「マスク」が大好きだと告白。

この映画に影響を受けた戸塚さんは「喜劇が好きだって僕は思って、みんなを笑顔にできるような表現ができたらいいなってその時は思ってましたね」と正統派イケメンというよりもコメディー俳優を目指していたそうです。

しかし、戸塚さんは「普通のサラリーマンの役とかなのに寝不足でずっと眠たい役にしちゃった…。怒られるとかのレベルじゃないんです。この人使いづらい役者さんなんだなって思われちゃって」と求められる役と自分のしたい演技とのギャップを感じるようになったと言います。

■戸塚純貴が俳優人生の転機を明かす

そして、戸塚さんが 1度でいいから会ってみたい監督は、福田雄一さんでした。そうした中、戸塚さんは2014年に憧れの福田さんの作品にワンシーンだけ出演することが決まります。

その時の気持ちを尋ねると、戸塚さんは「嬉しかったですし、勝負だなって思いましたね。ここで、ちょっと福田さんに自分が今までやってきたものというか、自分が表現したいことを評価してもらわないといけないなっていう気持ちはありましたね」と、当時を振り返りました。

また、戸塚さんは「福田さんが唯一笑ってくれて、自分も表現者としても1つ自信がついた瞬間でもありましたし、僕のことを世に知らしてくれた方なんで…。福田さんがなくては今の僕はいないなって思ってます」と俳優人生の転機になったということです。

■戸塚純貴は第二のムロツヨシ?福田雄一がエール「ムロくんに負けない役者になってほしい」

この作品がきっかけで、福田さんに気に入られ"福田組"の常連になった戸塚さん。これまでに12作品もの福田さん演出作品に出演しました。

そんな戸塚さんに向けて、福田さんは番組宛てにメッセージを寄せていました。

戸塚さんの演技の魅力について福田さんは「すごくね、負けの演技がうまいんですよ。いわゆる困るとか悲しむとか、マイナスイメージの感情表現をすごく面白くやることができるんですよ。そういうマイナス表現をそのままやることができる役者さんはいっぱいいるんですけど、それを面白くやる役者さんてあんまりいないんですよね」とコメント。

続けて、福田さんは「それをやれる若手となると、さらに少なくなってきて」と戸塚さんの負けの演技に太鼓判を押しました。

これに「嬉しいですねこれ!」と笑みを浮かべる戸塚さん。

また、今や"福田組"になくてはならない存在になった戸塚さんの将来について、福田さんは「ムロくんみたいになってくるじゃんないですか?単純に。ムロくんに負けない役者になって欲しいですね」と、ムロツヨシさんの名前を出してエールを送りました。

今回の放送について、ネット上では「福田さんが言ってた負けの演技が上手いってほんとだねぇ」「負けの演技(困る、泣く)などを面白くやることが戸塚純貴さんの魅力だと福田監督は語る」「戸塚純貴くん良いと思うのよね。『親バカ〜』の時もすごく目を引くな〜と思ってたし。これからが楽しみな役者さん」などのコメントが上がっています。

福田さんから"負けの演技がうまい"と絶賛された戸塚さん。これからもその個性を活かして活躍してほしいと願うファンは多いのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.