櫻坂46渡邉理佐、”大切な人” 長濱ねるへギフトを…!『りさねる』共演にファン感動、続々トレンド入り

投稿日:2021/04/13 11:49 更新日:

芸能人が大切な人に贈るギフト選びに密着する番組「The Gift」(日本テレビ系)。4月12日放送回では櫻坂46・渡邉理佐さんが出演。長濱ねるさんに贈るギフトを選ぶ様子がエモいと話題になりました。

■渡邉理佐・長濱ねるの共演にファン歓喜

2019年7月30日に欅坂46(現・櫻坂46)を卒業した長濱ねるさん。同い年という事もあり、渡邉さんは特に仲の良かったメンバーの一人で、ファンの間では「りさねる」というコンビ名で親しまれていました。

長濱さんはグループ卒業後、一旦は芸能界からも離れていましたが、2020年7月7日に活動を再開。

現在ではタレントとしてテレビやラジオに出演する傍ら雑誌『ダ・ヴィンチ』でエッセイ「夕暮れの昼寝」を連載するなどマルチに活躍しています。

今回、そんな長濱さんにギフトを贈ることについて、渡邉さんは「去年から一人で活動し始めて、お仕事も忙しいと思うので。お花を見て、癒されて貰えたらいいなと思って」と、想いを明かしました。

間接的にではあるものの、二人が共演することに対し、ネット上では「りさねる共演はエモい!」「りさねる最強!」「活躍する場所が違ってもこういうのが見れるっていいね」など歓喜するファンからのコメントが多く投稿されていました。

■渡邉理佐、”大切な人” 長濱ねるへギフトを…!

ギフト選びのために渡邉さんが訪れたのは、虎ノ門にあるプリザーブドフラワーの専門店・Belles Fleurs(ベル・フルール)。

「あぁ、素敵だぁ。すごいお洒落ですし、なんか落ち着きますね」「ガラスドーム、初めて見ました。飾りやすいかなと思いますね」「いやぁ、可愛い。黄色もなんかすごいいいなと思いました。元気になりそう」と、思ったことを言葉にしながら、店内を一通り歩いた渡邉さん。

長濱さんの為に選んだギフトはシックな赤が印象的なバラのプリザーブドフラワーでした。

決め手となったのは中心のバラに一粒だけ輝くダイヤモンドのラメが入っている点。渡邉さんは「一粒だけあるこのキラキラも癒されそうだなと思ったので」と選んだ理由を説明し「ねる、いつもありがとう。また一緒にたくさんお話ししましょう」というコメントを添えて、長濱さんへと贈ります。

番組の最後にはギフトを受け取った長濱さんからの「りっちゃんへ。素敵なお花ありがとう!好きな色でさすがでした。無理せず、一緒に頑張ろうね」という手書きのメッセージカードが紹介されました。

■『りさねる』共演にファン感動、続々トレンド入り

渡邉さんが長濱さんにギフトを贈った事に対して、ネット上での反響も大きく「ねるとりっちゃん、尊い、これは泣く」「見てたら涙が零れます。違う道でもお互いが繋がってる世界線」「激エモ!激エモ!大事なことなので2度、いや3度言います!激エモ!」など感動したというコメントが殺到しました。

しかし、感動したのはファンだけではありませんでした。

番組スポンサーを務めるイオンカードのTwitter公式アカウントも反応し「夢にまで見た共演…感涙です。道は別れても活躍を続ける二人。ずっと応援していきます」と投稿しています。

大いに盛り上がった結果、「渡邉理佐」や「長濱ねる」と言ったワードがTwitterのトレンドに入る事態となりました。

渡邉さんが長濱さんに贈ったバラは9本。バラは本数によって花言葉が変わる事で有名ですが、9本の花言葉は「いつもあなたを想っています」というもの。

渡邉さんがギフトに込めた想いに想像を巡らせるとともに、グループを卒業しても互いに想い合っている事を知って、心を動かされたという方も多かったのではないでしょうか。

(文:こじこじ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.