武田真治 歴代彼女を赤裸々に告白「週刊誌に載ることがしんどかった」ダウンタウンなう出演が話題

更新日:

1日放送のフジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンなう』に俳優の武田真治さんが出演。現在の再ブレイクにつながるきっかけや恋愛遍歴を自ら暴露し、大きな話題となりました。

スター女優Xとの出会いに感謝

武田さんはNHK系『みんなで筋肉体操』に出演し、「筋肉は裏切らない」のフレーズで話題を集めています。今回は、デビューからの“歴代彼女”をすべて語るという企画にチャレンジ。28年間で、現在の彼女を含めて5人の女性と付き合ったという武田さん。1人目の彼女は20代前半に付き合った「体育会系」のスター女優X。ドラマの共演をきっかけに交際に発展したそうですが、進行役のタレント・坂上忍さんがスター女優Xの実名を出すと、武田さんは大慌てで持っていたサックスを吹いて制止しようとしました。当時武田さんは、身の丈以上の仕事をしたストレスなどで『顎関節症』を患ってしまったそうです。顎関節症とは、食いしばりによって顎が痛くなる症状ですが、筋力をつけ食いしばる力を分散させることも必要と医師から言われたそう。そんな中、「トレーニングしてみたら?」と背中を押してくれたのが、元カノのXだったようです。武田さんは、「他の誰に言われても僕はできなかった」と元カノXの存在の大きさを物語り、「この方がいたから今の自分がいる」と感謝していました。そんな2人は、後に破局を迎えたわけですが、「2~3週間に1度、週刊誌に載ることが自分的にはしんどかった」と破局の原因と明かし、彼女の実家に夏休みも兼ねて訪問した際、「結婚間近」と書き立てられたこともあったそうです。

多種多様な歴代彼女

続く2人目の元カノは「アメリカの年下ハーフ美女」。当時あまりにもチヤホヤされすぎた武田さんは、普通の人の暮らしがしてみたいと洋服屋で一時期勤務していたことを暴露。すると偶然店の前にその女性が通りかかり、ナンパしたのがきっかけとなったようです。ところがその後、お金を出して海外旅行に行かせてあげていたら、彼女が旅行先で男を作ってしまい、あえなく破局。3人目も同じくアメリカのハーフ美女だったそうです。そして、4人目はスロベニア美女。しかし、喧嘩が絶えなかったそうで、彼女から「真治は個人の感情で言ってるけど、私はジーザスのお告げで喋ってる」と言われ、「じゃあ、こっちもブッダ出すぞってなっちゃって……」と述懐。番組MCのダウンタウン・松本人志さんから「何を言ってるんですか?」とツッコまれていました。

結婚を視野に入れた現在の彼女


5人目の彼女の話題に入る際、坂上から「スロベニアから今度はどこに行くの?」と聞かれると、武田は「(日本女性に)帰ってまいりました」と敬礼。そんな武田さんの現在の彼女は年下の歯科衛生士。番組で共演した際、タレントの極楽とんぼ・加藤浩次さんから「(東京)オリンピックまでに結婚できない奴は(一生)結婚できない」と言われた言葉を取り上げ、「そのリミッターはある」と、近い将来に結婚の可能性も示唆しました。


再ブレークの波に乗った武田さんにネット上からは「バラエティーには欠かせない存在」「このキャラ、大好き」「変わってないな」「好感が持てる」「おもしろ過ぎる」などといった歓喜の声が寄せられました。結婚も視野に入れている武田さんの動向に注目です。(文:武 眞都子)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.