ハライチ澤部、岩井に暴力でねじ伏せられていた!?ネタのスタイルが出来上がった経緯がとんでもなかった

投稿日:2021/05/30 15:38 更新日:

5月30日放送の「シューイチ」(日本テレビ系)では、お笑いコンビ・ハライチの澤部佑さんがゲストとして登場。澤部さんが相方の岩井勇気さんに殴られた過去を明かし話題を集めました。

(画像:時事)

■ハライチ澤部、相方岩井の素顔を暴露

今回のゲストはお笑いコンビ・ハライチの澤部佑さん。コンビ結成15年目になるという澤部さんと相方の岩井勇気さんはそもそも幼稚園の頃からの仲とのこと。

ここでハライチの事務所の先輩・中山秀征さんが「岩井は子どものときはどんな子どもだったの?」と尋ねると、澤部さんは「岩井は、本当にあのまんまですね」とコメント。

続けて、澤部さんは「なんか幼稚園の、例えば運動会、徒競走とかで、同じレースで走って、岩井がインコースで、俺がアウトコースで、アウトから抜こうとしたんですね。そしたら本当に肘で『ガッ』って(邪魔された)幼稚園児とは思えないずる賢さというかね、狡猾さといいますか」と負けず嫌いな岩井さんの素顔を暴露します。

また、徳島えりかアナウンサーが「もう小学生のときにはコントされてたんですね」と話を振ると、澤部さんは「小学生の時にやってました。僕と岩井ともう1人、いつもピンクのジャージを着ているフジワラ君っていう男の子がいたんですけど、トリオでやってました、お楽しみ会みたいので」と小学生時代にはコントをやっていたと明かしました。

■ハライチ澤部、岩井に暴力でねじ伏せられていた!?ネタのスタイルが出来上がった経緯がとんでもなかった

ほかにも、番組ではネタの話題に。澤部さんは「岩井さんがネタを書いてるんですけど、本当にある日突然ですね、いつも原市(はらいち)駅前公園って地元の公園に夜中集まってネタ合わせしてたんですけど『こんなの出来たんだけど』みたいな感じで『やってみよう』といきなり持ってきて」とコメント。

澤部さんは「でもなんか僕はそれがすごく面白くて。じゃあこっちにしようかみたいなので」とある日、岩井さんが用意したネタが素晴らしかったことから、現在のハライチのノリボケ漫才が完成したと明かしました。

続けて、澤部さんは「ずっと1番最初の頃は僕もネタ書いてたんですよ。1番最初の1本目、2本目ぐらい。でもそこから岩井が書き始めていろいろ評価され始めて、また僕がネタ昔書いてたから、ちょっと岩井に『ここあんま、面白くないな』って言う時期があったんですね」と過去には岩井さんのネタにダメ出ししていたこともあると言います。

しかし「そしたら地元の公園で思いっ切り夜中ぶん殴られて。気付いたら自転車と一緒に倒れてたんですよ。そこからやっぱりあんまりこう…言わなくなりましたね。拳というのはやっぱり怖いですね」と振り返る澤部さん。岩井さんに殴られ、今のスタイルに落ち着いたと語りました。

■ハライチのトークに反響

今回の放送について、ネット上では「ハライチのターンでみがいたトーク力爆発中!」「シューイチで澤部さん出てて昔のハライチの漫才やってるけど、やっぱり面白いなハライチのネタ」「シューイチで澤部さん特集やってる!珍しい嬉しい」などのコメントが上がっています。

澤部さんが相方・岩井さんに殴られたエピソードを聴いて笑ったという人も多かったようです。

また、岩井さんが幼少期から負けず嫌いだったという話も印象的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.