天才ピアニスト・清塚信也の才能無駄遣い!ポテトが揚がる"あの音"を… #しゃべくり007 が話題

更新日:

9月23日のバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ)に、ピアニストの清塚信也さんが登場。清塚さんの、浮世離れした生い立ちが披露され、ピアニストなのに面白すぎると話題になりました。

ピアニストになるために、清塚信也が幼少期に母から言われた言葉は…

清塚さんは、中学2年の時に「全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部」優勝、さらに18歳の時には「ショパン国際ピアノコンクールin ASIA」で優勝しています。また、ドラマ「のだめカンタービレ」の吹き替え演奏や、ドラマ「コウノドリ」の劇中音楽を担当するなど、人気と実力を兼ね備えた天才ピアニストです。

この日の放送で、清塚さんは、チュートリアル・徳井義実さんと食事に行く仲だということが明かされました。その食事会で清塚さんは、芸人の誰よりもしゃべっているとのこと。

清塚さんは、幼少の頃から、「笑い」に憧れていたそうですが、お母さんが厳しく、「音楽のことだけを考えて生きていけ。学校なんか嫌だったら行かなくていい」という教育で、音楽以外禁止という家庭環境で育ってきたそうです。

朝5時起きでピアノの練習の日々で、起きないと「人間はいつか、ずっと寝るときがくるから」と、目を見て説き伏せられ、「あなたは、ピアニストとして生きていく。あなたは、教養もないし、一般常識もないから、ピアニストになれなかったら、生きていけません」と宣言されたそう。

そんなお母さんは、全く音感のない、音楽ド素人だそう。それでも、反抗は怖すぎてできず、幼少期にお笑い番組を見て笑っていると、「笑うのは人生の後半にしろ」と、言い放たれたと言います。

清塚、自動改札が閉まる音は「ミド」、ポテトが揚がる"あの音"をアレンジ?

ずっとピアノをやってきたので、かけ算、わり算ができない清塚さん。番組では「6×7」を「50なんとか」と答えます。

また、路線図も読めないそう。音楽の勉強に集中するため、通っていた学校や先生の場所の近くに、毎回引っ越しており、電車に乗る機会がなかったということ。

今でも、電車に乗るときは、目的地までの運賃が分からないため、一番高い切符を買うそう。浮世離れした私生活の一方、電車の自動改札が閉まる音が、「ミド」だと、音楽家らしい着眼点を告白しますが、くりぃむしちゅー・上田晋也さんに「どうでもいいわ!」と言われてしまいます。

この後、マクドナルドのポテトが揚がる"あの音"をピアノアレンジ。これに、ネットでは「清塚さんのマックのポテト揚げる音楽がとてもツボだったのだけど…どのCDに入ってますか…(真剣) 」「音楽は詳しくないけど、マックのポテトが揚がった音とか感動しました」など、思わぬ音をアレンジしたことへ感動する声が次々とあがっていました。

さらに「カメラで上田さんを抜いて、10秒間ぐらい少しづつアップにしていっても、ピアノの音色さえあれば、(映像が)耐えられる」という謎の特技に挑戦し、鬼才ぶりを発揮しました。

面白すぎる清塚信也に「才能無駄遣い」の声

ネットでは、「清塚さんの無駄遣いwwww」「才能を笑いにも使えちゃうって最強すぎるなぁ…」「ピアニストの粋超えました。笑」「幼少期のスパルタ教育の話聞くとよくぞ耐え抜いたな…いや、母の愛って凄い…」などのコメントがあがりました。

最後は、2020年に清塚さんが47都道府県を回るコンサートの告知をし、ネットでは「コンサート行きたい」の声も多数見られました。

次回は、広瀬すずさんと、松たか子さんが登場するとのことで、こちらも楽しみですね。
(文:ミントフレーバー)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.