加藤浩次「ちょっと怖かった、圧倒されすぎて」日向坂46『スッキリ』生パフォーマンスを絶賛

更新日:

2月26日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)に日向坂46が出演。メンバーが自分の特技をアピールする場面では、金村美玖さんのまさかの発言が話題になりました。

■史帆「私の特技は…」に浩次がツッコミ

グループとしては「スッキリ」初出演となった日向坂46。

昨年発売した1stシングル「キュン」が、女性アーティストの1stシングルによる初週売上枚数歴代1位になったことについて、ハリセンボン・近藤春菜さんが質問。

加藤史帆さんは、「とんでもない驚きで、ビックリで、嬉しかったです」とコメントしました。

ここからは、日向坂46のことをもっと知ってもらうために、メンバーが自己紹介をすることに。

トップバッターの史帆さんは、「私の特技は」の後に、「アクロバットにしたいです」と、なぜか将来の希望を続けます。

これには極楽とんぼ・加藤浩次さんから、「気持ちだけでアクロバットはできませんよ」とダメ出しされていました。

■金村まさかの発言「豚の…」

金村さんは、特技は「人をお寿司に例えること」と紹介し、浩次さんを「バッテラ」に例え、浩次さんは「押し寿司かよー」とツッコミ。

続けて、近藤さんもお寿司に例えることになったのですが、金村さんは「豚の……カルビ」。

浩次さんが、「頭に『豚』って言ったら絶対ダメよ!」と、近藤さんが「豚じゃねーよ!」とツッコめなくなってしまったことを指摘。

そこで近藤さんは、「(寿司じゃなくて)もう焼き肉で例えちゃってんじゃん」とツッコんでいました。

また、全シングル曲でセンターを務める小坂菜緒さんは、「我慢強い」と自己アピール。

そこで、近藤さんが小坂さんの腕をギュッと握りしめ、痛さへの我慢強さをチェック。

しかし、春菜さんの手汗がすごかったこともあり、滑ってしまい強く握れなかったと明かし、笑いを誘っていました。

■浩次「ちょっと怖かった、圧倒されすぎて」日向坂46『スッキリ』生パフォーマンスを絶賛

こうして、日向坂46のメンバーは、全員テンポよく自己紹介。さらに、4thシングル「ソンナコトナイヨ」をスタジオで生披露しました。

浩次さんは、「結構激しいね! 圧倒された俺。横で見てて、ちょっと怖かった、圧倒されすぎて」と、渾身のパフォーマンスを絶賛していました。

今回の放送には、「あの加藤浩次を圧倒して恐怖を感じさせる…」「加藤浩次さん、褒め言葉すぎる(笑)彼女たちひらがなけやきですから!!という気持ち」「朝から日向坂見れて嬉しい!ソンナコトナイヨ最高」などのコメントが上がっています。

日向坂46のメンバーが自己紹介する度、浩次さんがツッコミを入れ、ガヤガヤするやりとりが面白かったのではないでしょうか。

また、日向坂46の魅力を解説するVTRで、日向坂46のファンを公言する芸能人として、番組で共演中のオードリーの2人が紹介された際、ワイプで映る史帆さんの嬉しそうな顔も印象的でした。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.