『水ダウ』クイズ対決で大食い"菅原"に「東大王に出て欲しい」と絶賛の声

更新日:

7月31日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)は、「東大王」(同)とのコラボスペシャルを実施。「水ダウ」代表として登場した菅原初代さんのクイズ力が話題を集めました。

「大食い王」と「東大王」がクイズ対決

この日の放送は「水ダウ」と「東大王」のコラボ企画で、「水ダウ」ではおなじみの、大食いとクイズを合体させたミックスルール。

「水ダウ」代表として登場したジャイアント白田・アンジェラ佐藤・菅原初代さんで結成された「大食い王」チームは、伊沢拓司・水上颯・鶴崎修功さんからなる「東大王」チームのと対戦。

1stステージで実施されたのは大食い一問一答クイズ。お寿司は合計21貫、3列に渡って並べられ、一つ食べるごとに文字が現れてクイズの問題文が見える仕掛けです。

「大食い王」チームは早く食べられるので問題がよくわかりますが、「東大王」チームは自慢の頭脳で小さなヒントから答えを導きださなければなりません。ちなみに、不正解になると追加のお寿司を食べるペナルティがあります。

"魔女菅原"が圧巻の推理力を発揮

ちょうど良いミックスルールかと思いきや、やはり、「東大王」チームは強く、わずかなヒントでも答えを導き出します。

そうした中、意外なクイズ力を発揮したのが魔女菅原"こと菅原初代さん。

大食い一問一答クイズで、菅原さんは問題文のキーとなるはじめの3貫を食べて「手に塗」という文字を導き出し、次の4つ目の文字が「塗る」と推察。

「手に塗る」という情報をゲットしたので、ハンドクリームが答え?なのではと推察すると、真ん中の段ではお寿司3貫を食べて「キュア」という文字を開け、3段目にもお寿司が並んでいることから、クイズの問題文が「手に塗るのはマニキュア、足に塗るのは何?」と推察。

大食い能力に加えて、わずかなヒントから答えを導き出す推察力も見せつけ、見事に「ペディキュア」という答えを導き出します。菅原さんは大食いだけでなく圧巻の推理力をも見せます。

"魔女菅原"がノーヒントで難読漢字に正解

ファイナルステージのオセロ対決は、食材の漢字を書いてマス目を開けます。食べ物1人前食べると漢字1画分のヒントがもらえるというもの。ここでも菅原さんは漢字能力の高さを見せつけます。

ノーヒントで「卵糖(カステラ)」を正解。しかも、知っていた理由は「夏目漱石の小説に出てきたから」という知的なもの。漢字検定準1級の持ち主である菅原さんは、他にも「羊羹(ようかん)」「鳳梨(パイナップル)」などの難読漢字を正解するなど漢字能力の高さが絶賛されます。

"魔女菅原"に絶賛の声「大食いもクイズ能力も高い」

ネットでは番組を見た人から「いやもう菅原さん大食いも凄いけどクイズ能力も高くてびっくりだわw 漢検準1級持ってたんだw」「菅原初代さんすごい!と思ったら漢検準1級だって
カッコよすぎ」「ただただ魔女菅原のクイズ力と漢字力がすごかったw」「大食いとクイズの二刀流。東大王に菅原さん出て欲しい。」などの声が上がりました。

問題の解き方がクイズプレーヤーの知性で、しかも、漢字能力も高い大食いの菅原さん。クイズ番組からもオファーがかかりそうなポテンシャルの高さを見せつけた菅原さん、本当にかっこよかったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.