志尊淳、岸部一徳に"壁ドン" 霜降り・粗品を完コピしたツッコミにネット「可愛すぎた」の声 #Heaven? 話題

更新日:

石原さとみさんが主演を務めるドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系)の第4話が7月30日に放送。霜降り明星・粗品さんのツッコミを再現する志尊淳さんの姿が話題を集めました。

「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第4話あらすじ

変わり者の黒須仮名子(石原さとみ)がオーナーを務めるフレンチレストラン「ロワン・ディシー」に、強面な怪しい2人の男(山内圭哉・小柳友)がやってきます。

2人の男は、オーナーの仮名子に詰め寄ると「期限はとっくに過ぎている」と借金の催促のような言葉を発します。仮名子は「もう少し待って」と期限の延長を求めますが、男たちは「明日までに用意しろ」と半ば無理やり約束させられることに。

この様子を見ていた堤計太郎(勝村政信)は、仮名子が借金取りに追われているのでは?と妄想。さらに、お金に困った仮名子が、従業員の誰かをリストラするのでは?と不安を募らせることに…。

"ピコ太郎"古坂大魔王が嫌味な上司役でゲスト出演

第4話でゲストとして登場したのが山内圭哉さんと小柳友さん。2人は借金取りのような出で立ちで現れると、主人公に仮名子に催促します。

2人が店に押しかけてから、仮名子の様子がおかしくなり、従業員は彼女を注意深く監視するようになります。そうした中で、ミステリアスな存在だった仮名子の正体が明らかになっていきます。

今回は他にも、ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)の回想シーンでは、ピコ太郎こと古坂大魔王さんが嫌味な上司役で登場。また、ピン芸人のバイク川崎バイクさんも、山縣からバイクのヘルメットを譲ってくれと言われるバイカー役で一瞬ですが登場しています。

志尊淳が岸部一徳に壁ドン、霜降り粗品のツッコミ再現で「可愛すぎた」の声

ドラマ第4話では、コミドラン・川合太一(志尊淳)と山縣の絡みが話題になりました。仮名子の様子がおかしいことから、川合と山縣の二人が扉の隙間から覗き見していると、部屋を出ようとした彼女ともみ合い、2人は壁ドン状態に。

ドラマ後半では、オーナーの仮名子に忖度する山縣の露骨さに、川合が「いやぁ〜、分かりやすいヨイショォ!」と、霜降り明星・粗品さん風に右手を出して繰り出す、キレの良い例えツッコミを披露。

粗品さんのツッコミを再現する志尊さんについて、ネットでは「今の志尊淳、明らかに粗品のツッコミやん」「BKBとかピコ太郎とか粗品(の真似)とかいろいろお笑い界への忖度を感じた回だった」「志尊淳の粗品のツッコミは可愛すぎた」「Heaven見てたら、志尊淳くんが霜降り明星の粗品の真似しててわいたw」などの声が上がりました。

志尊さんが、粗品さんを意識して「分かりやすいヨイショォ!」と語尾を伸ばすところで笑った人も多いのではないでしょうか。また、お笑い芸人の人たちを随所に登場させる演出に楽しんだ人もいるようです。

ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0037692

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.