菅田将暉は『かけがえのない存在』ドラマ「3年A組」のプロデューサーが明かす素顔とは? #あさイチ

更新日:

11月1日放送の「あさイチ」(NHK総合)のプレミアムトークに俳優・菅田将暉さんが出演。菅田さんは「これが遺作になっても構わない」と言うほど、思い入れのある作品「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)について語り注目を集めました。

(画像:時事通信フォト)

菅田将暉がプレミアムトークに登場

今年放送されて大きな話題となったドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」について尋ねられた菅田将暉さんは将来の夢だった教師役を演じたことについて「感慨深かった」とコメント。

また、「3年A組」で使用されたセットは菅田さんが過去に高校生役を演じた場所と同じスタジオに作られたもので、生徒役から見ていた景色と教師役で教壇から見る景色は、違う景色が見えたと明かします。

そして、このドラマが終わった時に菅田さんは「これが遺作になっても構わない」という言葉を残したそう。これを近江友里恵アナウンサーが紹介すると、菅田さんは恥ずかしそうに笑います。

さらに、菅田さんは「3年A組」の福井雄太プロデューサーと熱く語り合い「哲学みたいなのが共有できて、いつかドラマを作ろうと言って実現したのがこのドラマだった」とコメント。

菅田さんは「3年A組」で描かれたテーマは当たり前のこととした上で、「この当たり前のことが通じなかったら俳優業やれないなってちょっと思っちゃったんで、多分そんなこと言ったんですよ」と遺作という言葉を使ったのはそれだけ伝えたいメッセージがこの作品にはあったと語りました。

菅田将暉は『かけがえのない存在』福井雄太プロデューサーが明かす素顔とは

この日はVTRで福井プロデューサーが登場。「死ぬ気で何かを伝えたい表現したい、この世界を変えたいというよりも、この世界に対して意味のあることをちゃんと伝えたいんだっていうことをちゃんと持っていて。こういうことを伝えられるドラマをいつか一緒にやりたいねって言っていたんです」と、菅田さんとの会話を振り返る福井さん。

また、福井さんはドラマのテーマを伝える重要な場面での菅田さんの演技について「感動するとか、いいことを言っているという部類じゃない、もはや圧力ですよね。菅田氏が本当に何かを伝えることに手を抜いてないし、伝えるっていうことに対して力を込めているし、伝わるんだっていうことを信じているっていうのが表現の中に出ている。生き様そのもので表現してくれる人なんで、凄いな!」と、表現者としての菅田さんの魅力を力説。

福井さんは、そうした菅田さんの演技を見て「ちょっとグッときて涙してしまった後はニヤニヤするというか…これが世の中の人たちに対して送り届けられるんだという喜びというか…もうワクワクしました」という感情を抱いたことを明かします。

そして、福井さんは「かけがえのない存在だな、って人としても」というメッセージでVTRを締めくくると、スタジオにいた菅田さんは、孤独な撮影現場で一緒に泣いてくれたり、他の仕事があるのに現場に来てくれたりする福井さんへの信頼を口にしました。

菅田将暉出演のプレミアムトークに反響

ネットでは「彼の演技は感動とかでなく、『圧力』。福井雄太さんの言葉にもモノづくりへの愛情があるなぁ」「あさイチのプレミアムゲストが菅田将暉くん日テレのドラマの3Aのことも掘り下げてやってくれてる」「日本テレビプロデューサーがNHKで3Aの話をお送りしております。」などのコメントが上がっています。

日本テレビで放送されたドラマのプロデューサーが登場して作品について熱く語るなど、NHKの懐の深さに感謝したくなる内容だったのではないでしょうか。菅田さんと福井さんの信頼関係がしっかりとあるから素晴らしいドラマが生まれたのかもしれませんね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.