草野マサムネ『スピッツも白い犬のマスクを作って…』仰天構想もファン「期待しています」の声 #スピッツ

更新日:

ラジオ番組『SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記』(TOKYOFMほか)。10月13日の放送では、スピッツがマスクバンドになるという草野さんの妄想が話題になりました。(※各局で放送日は異なります)

草野マサムネが大泉洋のコミュ力を絶賛

番組冒頭、TV番組『SONGS』に出演したときの話を始め、そこで初めて俳優の大泉洋さんと会ったことを明かしました。草野さん、実は『水曜どうでしょう』の放送初期から大泉さんのファンだったそうで、この番組で待望の対面を果たしたといいます。

会う前は緊張していたそうですが、実際に会ってみると、初めて会った気がしなかったという草野さん。さらに、来るもの拒まずのウェルカムオーラをまとった大泉さんに、『羨ましさすら感じた』と語り、大泉洋さんのコミュニケーション能力の高さを絶賛しました。

スピッツがマスクバンドになりそうだった!?

この日の放送では『素顔じゃない?バンドで漫遊記』と題し、メイクやマスクで素顔をさらさないスタイルを貫き通しているバンドの曲を紹介。

「スリップノット」というアメリカのヘヴィメタルバンドの曲紹介で、彼らのマスクを被る姿が「かっこいい」と思ったことから、スピッツも『マスクを作ろう』と妄想していた時期があったという思わぬエピソードが飛び出します。

しかし、スリップノットさんたちがサマーソニックでステージに上がっているのをテレビで見た際、めちゃくちゃ暑そうだったことから、「これは俺たちには無理だ」と断念したと明かし、スピッツのイメージとは異なる以外な話が繰り広げられました。

草野マサムネ『スピッツも白い犬のマスクを作って…』仰天構想

「MAN WITH A MISSION」の曲の紹介では、以前ギタリストのジャン・ケン・ジョニーさんと対談したことがあると語ります。MAN WITH A MISSIONは顔が狼、身体は人間のバンドですが、その姿はあくまでも本来の姿であると公言しています。

そういった背景もあることから、草野さんは「めちゃめちゃ性格の良さそうな狼で、でも全く隙がなかったから、多分本当にあれは素顔なのではないかと思う」と語り、今回のテーマ『素顔じゃない?バンドで漫遊記』と間にクエスチョンをつける所以に、草野さんなりのこだわりと配慮をみせたコメントをする場面がありました。

最終的に「スピッツも"白い犬のマスク"をつくって、体力があるうちにそういう活動をしても良いかも」と妄想していることを明かした草野さん。この発言を聴いていたファンはネットで「白い犬のマスク、期待しています」「白い犬のマスク・・・ちょっとだけ見てみたい」とスピッツのマスク姿に期待を寄せる様子をみせました。

TV番組「関ジャム 完全燃SHOW」でもスピッツ特集をしていたことから、ネット上では「ロック大陸漫遊記と関ジャム、全てリアタイで楽しめた」「ロック大陸漫遊記聞いて、関ジャム観て忙しいけど幸せ!」といった声が挙がっており、スピッツ尽くしでファンには溜まらないひと時だったようです。

今回の放送はタイムフリーでも聴くことが出来ますので、聞き逃した方はぜひチェックしてみてくださいね。
http://radiko.jp/share/?sid=FMT&t=20191013210000

(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.