スピッツ草野マサムネ、不意打ちの弾き語りにファン卒倒!?「このねぇサビがとっても…」

投稿日:2021/05/17 16:51 更新日:

スピッツのボーカルである草野マサムネさんがパーソナリティを務めるラジオ番組『SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記』(TOKYO FMほか)。5月16日の放送では、草野さんが緊急事態宣言時にハマったことについて語られました。

■草野マサム、昨年最初の緊急事態宣言時ハマっていたこと明かす!

今回は【デンマークのロックバンドで漫遊記】と題し、デンマークのロックバンドの楽曲が紹介されていきました。

紹介するにあたり「去年のコロナ禍での最初の緊急事態宣言の時の話になりますけども、Netflixでドラマを見まくってた時期がありました、俺」と切り出す草野さん。

「で韓国のドラマの『愛の不時着』を始めとして、同時期にハマっていたドラマに『レイン』っていうのがありまして…」「これがデンマークのドラマだったんですよね」と説明します。

草野さんがハマった『ザ・レイン』は、雨に潜むウイルスにより人類がほぼ死滅してしまった世界を、生き残った主人公が安住の地を求めて危険な旅をするというストーリー。コロナ禍の前に作られていた作品であることから、草野さんは時代的にもハマったようで「内容的にはツッコミどころは多かったんですけど、面白かったんですね」と振り返ると「そこからストリートビューでデンマークを疑似旅行してみたりして」と、『Googleストリートビュー』を使って行っていた独自の楽しみ方を明かします。

そして「すごくオシャレで清潔感のあるところなんだけど、山が無いんですよね、そこが一番日本と違うかなって景観的には思いましたけど」と気付いたことを語りました。

■草野マサムネ、その場で弾き語り「このねぇサビがとっても…」

番組では、突然、草野さんの美声が披露される一幕も。プリティ・メイズの楽曲『フェイス・ザ・ワールド』の紹介では「サビがとってもキャッチーで…」と言うと、その場でこの曲のサビを弾き語り。

そして「このねぇサビがとっても一緒に歌いたくなる感じのサビです」とコメントしました。

Efterklangの『Modern Drift』を紹介する際には、「これをねぇ聴きながら、ストリートビューでデンマークを疑似サイクリングするんですよ。で郊外が基本なんですけども、畑が多いんですけどね。広い田園地帯の中をストリートビューでサイクリング…これ最高です」と、この曲が番組前半に語っていた疑似旅行する時のBGMであったことを明かしていました。

■不意打ちの弾き語りにファン卒倒!?

ネット上では「昨年の自粛期間中にNetflixでドラマ見るのにハマって ワールドワイドになっとるやん」「海外のストリートビュー、楽しんでいるんですね。確かに新鮮な感じで興味深いです」「Googleのストリートビューで疑似旅行するマサムネさん」といったストリートビューで旅行気分を味わっていた草野さんに対するコメントや「今日もマサムネさんの美声聴けて嬉しいです…」「『サビがキャッチーで!』からの高音にヤラレタ」「突然の高音とその美しさにウットリ」「凄い高い音を難なく…ほんと綺麗な声だなぁもっと聴いていたいよ」などの声が。不意打ちの弾き語りに喜んだ人が多かったようです。

今回は草野さんのように擬似旅行を試してみようと感じた人もいたのではないでしょうか。

【番組情報】
SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記
https://radiko.jp/#!/ts/FMT/20210516210000
(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.