SMAP元メンバー・森且行「絶対ぶっ飛ばしてやろ」オートレース特集でVTR出演が話題「ソノサキ」

更新日:

2月19日放送の「ソノサキ~知りたい見たいを大追跡!~」は、プロのオートレーサーを目指す候補生達に密着。オートレース選手養成所の厳しい生活と共に、番組内ではオートレーサーとして活躍するSMAPの元メンバー・森且行さんの登場が話題になりました。

「ソノサキ」がオートレース選手養成所に密着

「愛する娘が親元を離れたソノサキ~スタジオで母親が見守ります」と題された19日オンエアの「ソノサキ~知りたい見たいを大追跡!~」。番組では、母子家庭で自分を育ててくれた母親に恩返しするために、オートレーサーを目指す信澤綾乃さんに密着します。プロのオートレーサーを目指す若者が集う場所が茨木県・下妻市にある「オートレース選手養成所」。ここでは、綾乃さんを含む20人の候補生が親元を離れ、オートレーサーになるための訓練・勉強を行う共同生活を送っているとのこと。スタジオには特別ゲストとして綾乃さんのお母さんも登場して、娘が普段どのような生活を送っているのVTRで確認されていました。

「オートレース選手養成所」の厳しい生活

時速100キロを超えるスピードでバイクを走らすオートレースの世界は一歩間違えると命を失う危険もある厳しい世界。そのため、候補生達を教える教官も普段から彼らの気持ちを引き締めるため厳しい言葉を浴びせ、緊張感を持つようにつとめます。レースに望むための体力づくりとして13キロのプロテクターを着けるなど、毎日激しい体力トレーニングに励む候補生達。そうした疲れを癒してくれるのが食事で、栄養士が作る美味しい食事が提供されます。ただし、私語厳禁で10分以内で済ませなければなりません。オートレーサーは1日に何レースもこなす上、マシンのメンテナンスも自分で行うそう。そのため、養成所時代から早くご飯を食べる瞬間を身につけるように食事から訓練されているようでした。また、体重が軽いほうが有利なため厳しい体重制限もあり、体重がギリギリの候補生は食事を抜くこともあるのだとか。ちなみに、お菓子などを寮に持ち込むのも厳禁で、持ち物検査でそれがバレると、雑用などのペナルティが与えられます。体重制限など抑制された生活のなか甘いものを欲するせいか、候補生達が持ち込もうとするのがお菓子だったところが可愛かったです。

判別試験に挑む候補生たち

それでも、月に1回だけは外出日があり、その日だけは教官の目がなく羽を伸ばすことができます。外出日にはとにかく好きな物を食べる候補生の中で、綾乃さんは可愛がっている妹のオモチャを購入する優しさを見せます。そうした中、候補生たちは中間試験とも言える「判別試験」に臨むことになります。これは、これまで学んできたことの確認テストで、走行のタイム、整備・学科の3つのテスを受け、これで、基準点を越えなければ、養成所には残れず家に帰らなければなりません。緊張感を隠せない中、迎えた本番、綾乃さんは整備・学科のテストで満点を取るなど見事に「判別試験」をクリアします。

SMAPの元メンバー・森且行が登場

今回はオートレースの企画ということもあり、SMAPの元メンバーで今はプロのオートレーサーとして活躍する森且行さんが番組内のVTRで登場。1997年からオートレーサーとして活躍する森さんはイケメン選手や美人選手もいるオートレースをもっと多くの人に見て欲しいと魅力を熱弁。さらに、森さんも通った養成所の鬼教官には「卒業したら、絶対ぶっ飛ばしてやろ」と思っていたと本音もチラリ。ただし、一流選手になった今は、気を引き締めるために厳しくやっていたと理解を示す言葉も語っていました。

オートレース選手養成所の厳しい生活に反響

放送を見た人からは、「オートレースの世界は本当に厳しいな…まさに命を賭けて闘ってる」「ソノサキめっちゃ面白いんだけど、今回のオートレース養成所はすごい…厳しい」などの声があがっていました。他にも、「森くんやっぱかっこいいわ」と森さんへのコメントもあります。命がけの世界ということもありオートレースの世界はとにかく厳しいようでした。前述の内容に加えて、ケータイは使える時間も決まっていたり、テレビは見れるけどオートレース関連の番組だけで、教官が普段から厳しく監視しているなどの掟があります。それだけに、外出日に表情が和む彼らの姿が印象的でした。番組は見逃し配信もあるのでぜひ見てみてくださいね。
https://cu.tv-asahi.co.jp/watch/1066?official=1
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.