「僕は友達でしたけどね」千鳥・大悟、志村けんとの関係語る。志村を"イジる"大悟に『男らしい』の声

更新日:

4月28日深夜、「志村友達」(フジテレビ)が放送開始。初回の放送では、以前から志村けんさんと親交のあったアンタッチャブル・柴田英嗣さん、千鳥・大悟さんらが志村さんについて語り、話題になっています。

(画像:時事)

■志村を"イジる"大悟に『男らしい』の声

フジテレビで深夜に放送されていた「志村X」、「志村でナイト」を経て、新たに放送が開始された「志村友達」。

放送開始直後のナレーションで、「皆さんご存知の通り、令和2年3月29日に、志村けんさんが亡くなりました。皆さんも不安な日々をお過ごしかと思いますが、この番組では志村けんさんがフジテレビで、およそ24年間続けてきました深夜番組の爆笑映像を、志村けんさんの仲間たちと一緒に振り返って参ります。どうか笑って偲んでいただければと思います。イザワオフィス並びに製作スタッフ一同」と呼びかけました。

小屋を映し出すアニメーション映像から切り替わり、古民家の中をイメージしたようなセット。

中心に座るのは、柴田英嗣さん。そして、新型コロナウイルス感染予防対策のため、少し離れた場所に座るのは大悟さん。

これまで、志村さんの訃報に沈黙を貫いてきた大悟さんは、この放送で何を語るのか注目されていましたが、いつもと変わらぬ様子で「志村さんがいなくなると、やっぱりお酒じゃなくなるんですね」と、用意されている湯呑を持ち上げ、笑顔を見せます。

これに対し柴田さんは「そりゃそうだろ! 芸能界で番組中に飲んでる人、あの人(志村さん)だけなんだから!」と話し、大悟さんは「あの番組(『志村でナイト』)中、ずっと本物の酒飲んでましたからね! やっぱお茶になるんですね、えらいもんで」と、大悟さんらしく志村さんを"イジる"形に。

この大悟さんの振る舞いに、ネット上では「大悟の男らしさをすごく感じた」「初回だけど、大悟も柴田も、言葉に志村さんへの想いを感じられて、見てて泣きそうな感情と笑える掛け合いが安心できる」など、想いが溢れたコメントが多く上がっています。

■「僕は友達でしたけどね」大悟、志村との関係語る

柴田さんが番組の趣旨を説明。「志村さんの歴史や裏側、そして珠玉のコントをね、お送りしていきたいと思ってるんですけど。まぁ『志村友達』って言うくらいでございますからね、我々以外にもですね、志村さんととてもゆかりのあるお友達の方々……」と司会を進めていきます。

しかし大悟さんは、「友達……なんですかね?」と笑いながら確認をすると、柴田さんは「一応ね……後輩、後輩だけど」と大笑い。

続けて大悟さんは、「ワシら……ワシらもこれ友達って設定なんですか?」と聞き返し、柴田さんは「友達でしょ! 大悟はだって」と、志村さんと大悟さんの交流の深さを指摘。

大悟さんは、「僕は、友達でしたけどね!」と改めて、志村さんとの関係を語りました。

ファンからは「大悟がとにかく元気でよかった」「これから、柴田さんと大悟にこの番組を受け継いでもらったらきっと志村さんも嬉しいはずです」など、変わらず笑顔を絶やさない2人の掛け合いに感動する声が上がっています。

■出演者全員が志村への愛を語りつくす!

ゲストには、ダチョウ倶楽部・肥後克広さんと、上島竜兵さんが参加。

肥後さんは、「(志村さんとの付き合い)長いよ。20年ちょっと、志村さんと一緒にやってましたから……すごいよ、だから。人生の半分くらい、芸歴の半分は志村さんと」とコメント。

番組内では、志村さんの過去の名作コントを4人が見ながら笑い、その時々の思い出を語っていきます。

ワイプ内でコントを見つめる4人の眼差しは、懐かしさを覚えながらも、志村さんの面白さに笑いが溢れ、とても嬉しそうな表情に感じられたのではないでしょうか。

コントを見終わり、肥後さんは「コントに関しては、何やっても怒らない! よく怒られるのは上島さん!」と暴露。

これに対し上島さんは、「俺はね、やっぱりリアクションが悪いとかね……。で、その場では言わないのよ。その場で言ってくれたらまだわかるんだけど、1軒目飲みに行ったらまだ怒られないのよ。2件目のクラブのお姉ちゃんの前で怒られるの」と、志村さんとのエピソードを語ります。

大悟さんは、「僕は、肥後さんがやってた役を僕がやるとかもあったんすけど、もう、あの、肥後さんのやつも見るなって言われて、大悟は。あの、お前なりにやれって言われて。で、本読みもなしですよ。で、最後のきっかけ『こうしたら終わるから、それまで遊んで!』って言われてた」と明かしました。

各々が、付き合いの長さは違えど、志村さんとの思い出を振り返り、お互いが知らない時間を共有するトークが展開した今回の放送。

視聴者からは、ネット上で、「志村さんの話をしてる皆さんが、とてもいきいきしていて、見てて泣くんだけど笑ってしまう。この番組最高」「志村さん、本当に愛されてたんだね」などの反応がありました。

お笑いを愛し続けた志村さん。"友達"が笑顔で志村さんの話しをしていることに、視聴者だけでなく、志村さん自身も嬉しかったのではないでしょうか。

(文:成田エイリ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.