渋谷すばるのサプライズにファン号泣「おかえり」ファンクラブイベントで2年ぶり歌唱姿披露

更新日:

2018年末にジャニーズ事務所を退所し、ソロアーティストとして活動する渋谷すばるさん。10月8日(火)には大阪のライブハウスにて、ファンクラブ「Shubabu(しゅばぶ)」初の上映会「babu会 vol.0」 を開催し話題を集めました。

キャパ数755人の超プレミアムイベント


「babu会 vol.0」は、10月9日にリリースされた渋谷さんのファーストアルバム「二歳」の初回限定特典映像を大画面で流し、大人数で楽しむという趣旨の「上映会」という案内がされていました。

人気のアーティストのイベントにも関わらず、無料での開催。しかし渋谷さん本人が出演するかどうかはなにも発表がなく、「すばるくん来るのかな…」「上映会って書いてあるし来ないよね?」とSNS上がざわつくことに。

上映会が開催された会場は大阪「なんばhatch」。渋谷さんのファンクラブ会員数は現時点で57,000人を超えていますが、同会場の収容人数は座席ありの場合でわずか755人。

イベント情報が解禁された直後から、会員数に対してキャパが小さすぎると話題になっていました。

チケットの当選発表後、Twitter上には「分かってたけど落選だった…」「(チケット)トレードもだめだったからお留守番です…」といったファンの声で溢れており、超プレミアチケットとなりました。

映像の中で渋谷すばる「また日本でライブする時に」

会場の座席にはアンケート用紙があり、今後FC内でやってほしい企画やあると嬉しいグッズ、そして最後に一言というシンプルな質問が記載されていました。

しかしさらにその後に、「④今日どんな下着はいてんの?」という渋谷さん手書きの質問が。関ジャニ∞時代にお馴染みだった下ネタキャラは健在で、ファンの笑いを誘いました。

上映内容は、「二歳」の制作ドキュメントや東南アジアバックパックの旅、スバァーリーを探せといったアルバム特典映像に、渋谷さんの新録コメントを追加した豪華なものでした。

渋谷さんのコメントの中には、「また日本でライブをする時に」といった話題にも触れており、ファンに生で歌を届ける準備を着々と進めていることも判明。

上映が終わり、イベントも終了と思った瞬間、白い幕にシルエットが。幕が落ちたその先にはファンが待ちわびた渋谷さんがいました。

ファンクラブイベントで2年ぶり歌唱姿披露

渋谷さんは一言も発さないまま、「二歳」に収録された楽曲「ワレワレハニンゲンダ」と「アナグラ生活」の2曲をサプライズで披露。

約2年ぶりとなる渋谷さんの生の姿と歌声に、ファンは黄色い悲鳴を上げる暇もなく圧倒され、中には感動のあまり号泣する人も。

思いを"言葉"で話すのではなく、"歌"で伝えるという所に渋谷さんらしさを感じます。歌い終わると渋谷さんは退場し、スクリーンに直筆で書かれた「愛してます。」の文字が浮かびました。

渋谷すばるのサプライズにファン号泣「おかえり」

上映会終了後、Twitter上では「幸せでした。二年ぶりの本人。号泣しました。叫びました。」「生きててよかった」「こんなに手が震えたのは初めて」「おかえり、すばるくん。」「なんの言葉もなく、ただ歌を歌って立ち去るその姿を見て、ずっとついていこうと思いました。」など歓喜の声が。

「すばるくん」や「babu会」など関連する複数のキーワードがトレンド入りする盛り上がりです。

9日には東京会場での「babu会 vol.0」を開催し、初のソロアルバム「二歳」も発売。今回は小さな会場でのイベントでしたが、今後はより多くのファンに歌を届けられるライブを開催してくれるのではないでしょうか。アーティストとして再出発した渋谷すばるさんからますます目が離せません。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.