久保田悠来&佐伯大地のキスシーンが美しすぎる!男性同士なのに連想するのは映画化された"あの"有名作品?

更新日:

11月25日にディーン・フジオカさんが主演を務める「シャーロック〜アントールド・ストーリーズ〜」(フジテレビ系)の第8話が放送されました。 第8話ではゲストの久保田悠来さんと佐伯大地さんのキスシーンが話題を集めました。

「シャーロック」第8話のあらすじ

江藤礼二(佐々木蔵之介)が、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に調査協力を依頼してきたのは経産省勤務の柴田雅樹(久保田悠来)と、永田町のテーラーに勤務している三崎雄一(佐伯大地)の心中事件。

江藤は2人が心中をした理由を探って欲しいと伝えますが、獅子雄の方は「心中など現代には存在しない」と事件に関心を示しません。しかし、江藤が現場に残されていた2枚のライオンの写真を取り出し、その裏に書かれていた遺書のようなメッセージを見た獅子雄は事件に興味を持ちます。

獅子雄が死んだ2人が通っていたビジネススクールの校長・安蘭世津子(長谷川京子)に面会すると…。

ゲストで長谷川京子と高橋克典が登場

事件の鍵を握る「サットンビジネススクール」校長・安蘭世津子役で登場したのは、ディーン・フジオカさんが主演を務めた「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」で田辺真澄(原作のテナルディエ夫人)を演じた長谷川京子さん。

2人は過去に共演していることもあって、世津子と対面する場面では、獅子雄が「以前どこかでお会いしませんでしたか、と聞こうとしたんですが、ナンパみたいなのでやめました」という洒落た台詞が登場。

また、獅子雄の兄・万亀雄(原作のマイクロフト・ホームズ)役では、「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」で入間公平役として絶大な存在感を発揮した高橋克典さんが出演。

「モンクリ」では無実の柴門暖(ディーン・フジオカ)を陥れて出世する野心家の入間を演じた高橋さんが、ディーンさんの兄として登場するシチュエーションが面白いですよね。

久保田悠来&佐伯大地のキスシーンが美しすぎる!男性同士なのに連想するのは映画化された"あの"有名作品?

第8話で話題になったのが、心中した柴田雅樹と三崎雄一を演じる、久保田悠来さんと佐伯大地さんのキスシーン。2人が唇を重ねる場面は絵に描いたように美しいのですが、柴田に想いを寄せる北山彩(谷村美月)がその現場を目撃してジェラシーを抱く女の嫉妬も描かれた恋愛ドラマに仕上がっています。

また、先に死んでいた柴田の遺体を三崎がお姫様抱っこでベッドに運び、永遠の愛を誓い天国へと旅立つシーンは映画化もされた有名作品「ロミオとジュリエット」を連想させます。

ネットでは、放送を見た人から「久保田悠来と佐伯大地のキスシーンは美しすぎて気絶するかと思った・・・」「同性同士のキスシーンも自然で凄い良かったよードキドキした!」「今週のシャーロックロミジュリもびっくりなBL的ストーリーが盛り込まれてて、ちょっとニヤついてしまった」などのコメントが上がっています。

久保田さんと佐伯さんのキスシーンは非常に美しく見ていてドキドキした人も多いのではないでしょうか。

ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0042710
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.