ディーン・フジオカ、華麗なシャドーボクシング披露。ファンから「素敵」「眼福」の声! #シャーロック

更新日:

10月28日に、ディーン・フジオカさんが主演を務める「シャーロック〜アントールド・ストーリーズ〜」(フジテレビ系)の第4話が放送されました。第4話ではディーンさんがシャドーボクシングを披露する姿が注目を集めました。

「シャーロック」第4話のあらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、若宮潤一(岩田剛典)を連れてボクシングの試合観戦に訪れていました。しかし、二階級制覇の世界チャンピオン・梶山裕太(矢野聖人)が初防衛をかけた試合直線に失踪する不自然な出来事が起きてしまいます。

梶山は急病で試合ができないとのアナウンスが入りますが、納得できない獅子雄は若宮の制止を振り切り選手控室へと侵入。獅子雄がボクシングジム会長の石橋卓也(金子ノブアキ)に梶山を試合に出すように要求すると、そこに、江藤礼二(佐々木蔵之介)が現れます。

会場近くの坂で、男性の遺体が発見され、付近で梶山が目撃されたこともあり、警察は殺人事件の重要参考人として梶山の行方を探していました。

被害者の身元を調べてみると、かつて公園の遊具のロープを面白半分に切り、多数の利用者を負傷させた村上正輝(コーシロー)であることが判明。

しかも、村上が起こした事件で亡くなった細谷優子(小島藤子)は梶山のかつて恋人。梶山には村上を殺す動機があったのでした。

今回は「シャーロック・ホームズの事件簿」の「ソア橋」のオマージュ

今回の語られざる事件は、「シャーロック・ホームズの事件簿」の「ソア橋」でふれられる自宅へ雨傘を取りに戻ったまま行方不明になってしまった「ジェームズ・フィリモア氏の失踪」。

ドラマの冒頭で、優子が「傘を取ってくるから」とカメラに向かって語りかけるシーンや彼女が女教師だったという設定は「ソア橋」のパロディ。さらに、嫉妬が事件の背景にあることや、犯人の決め手になるのが傷であること、他にも「ソア橋」にかけてボクシングジム会長が石橋であることなど原作へのオマージュが散りばめられています。

また、オレンジ色のカードに書かれたメッセージが梶山失踪の理由と関わりがあるところや、亡くなった優子が大切にしていたのがオレンジ色の傘なのは「シャーロック・ホームズの冒険」の中に登場する「オレンジの種五つ」を彷彿とさせています。

単純に原作の語られざる事件をモチーフにするだけでなく、原作のエッセンスを織り交ぜつつ、現代の人が見ても楽しめるように脚本が工夫されているのがこのドラマの面白いところではないでしょうか。

オープニングタイトルに反響

そして、映像的にも惹きつけられるのがオープニングタイトル。アスリートがカメラにサインをするようにディーンさんが「シャーロック」とドラマタイトルを書くシーンです。

今回は黒い文字なのに背景も黒。文字と背景の配色がアンバランスで、ここで違和感を感じた人も多いかもしれませんね。「あれ?」という視聴者の注意をひきつけたところで、背景の色はオレンジになり、最後は劇中のキーアイテムのオレンジ色の傘に切り替わる、オシャレな映像になっています。

タイトルバックのシーンは毎回、パターンを変えてくるので注目してみてくださいね。

ディーン・フジオカ、華麗なシャドーボクシング披露!ファンから「眼福」の声

ドラマ本編では、ボクシングが題材になっていることもあり、劇中では主人公・獅子雄を演じるディーンさんが華麗なシャドーボクシングをしながら高速で台詞を喋る場面が登場。しかも、ドラマのクライマックスではディーンさんがリングの上に上がりスパーリングを行うシーンまで登場するおまけ付き。

ネットでは「今週のシャーロックはおディーン様のシャドーボクシングてんこ盛り。挙動が変人なのにいちいち素敵なのはさすがおディーン様!」「ディーン様はバイオリンもボクシングもできるんすかちょーイケメンじゃないですか」「今週のシャーロックはディーン様のボクシング姿がたっぷり拝めて眼福!」などのコメントが上がっています。

今回は、ディーンさんのシャドーボクシングが様になっていてとにかくかっこいいシーンで印象的だったのではないでしょうか。ちなみに、今回のディーンさんがバイオリンを弾くシーンでは、事件をフラッシュバックする時にオレンジ色の傘に合わせてオレンジを基調にした雰囲気のある映像に仕上がっています。

ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0041531
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.