ディーン・フジオカ『死体は誇り高い』名台詞に反響!岩田剛典が感情を露わにする場面も… #シャーロック

更新日:

11月4日にディーン・フジオカさんが主演を務める「シャーロック〜アントールド・ストーリーズ〜」(フジテレビ系)の第5話が放送。この中で、ディーンさんの「死体は誇り高い」という名台詞が話題となりました。

「シャーロック」第5話のあらすじ

若宮潤一(岩田剛典)が、同居しながらも家賃と生活費を払おうとしない誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に愚痴をこぼしていると、そこにやって来たのは警視庁捜査1課の江藤礼二(佐々木蔵之介)。今回も江藤は、獅子雄に協力を要請します。

彼氏の留守中に部屋に入った女性が、部屋に入るとそこには、大量の血液と破れたシャツ、バスルームには血まみれのタオルと凶器と思われる包丁とノコギリが残されていて、まるでスプラッター映画のような惨状が広がっていました。彼女が110番通報したことで事件が発覚。

致死量を超える血液が部屋中に巻き散らかっていたのですが、そこには肝心の被害者の姿が見当たらず、近辺を調査しても目撃証言も運び出された痕跡もありません。

消えた死体の行方を探るため、部屋の持ち主の町田卓夫(永井大)から話を聞くと何も知らないの一点張り。すると、現場に残されたシャツに、町田と同じ会社で働く乾貴之(葉山奨之)のイニシャルが確認されます。2日前から行方不明で、家族から捜索願も出ている乾は町田からパワハラを受けていたことがわかり…。

ディーン・フジオカ『死体は誇り高い』の名台詞!岩田剛典が感情を露わにする場面も…

致死量の血痕が残りながら部屋から消えた死体の謎を探るために協力を要請されるも最初は事件に興味を示さない獅子雄。すると、若宮が「死体が歩いたのかも」と冗談を言うと、獅子雄は「死体は誇り高い。生きてる人間みたいにウロチョロしない。俺が教えてやる」と自ら率先して事件に協力することになります。

この獅子雄の名台詞から黒い背景に白い文字のスタイリッシュなオープニングタイトルが浮かび上がりました。

そして、第5話では、獅子雄と若宮のキャラクターの違いが対照的に描かれます。「死体は誇り高い」と明言する獅子雄は、パワハラで乾の死の原因を作った町田に対して「奴は被害者だ法律的にはな」とある意味ではドライな価値観を示します。

ただし、この台詞の場面で獅子雄は正面ではなくカメラに対して背を向けていて割り切れない彼の複雑な心境を反映していたため、興味深く感じた方も多いのではないでしょうか。

一方で、若宮は後輩の死の原因を作っても反省の色を見せない自分が精神科医としてパワハラを受けて苦しんでいる人を何人も診断したとした上で「心臓を刺すと血が出る。心を刺しても血が出ない。でもおんなじことなんだよ。あんたが殺したんだ…わかってる?」と感情を露わにして町田に問いかけます。

岩田剛典の意味深な台詞が話題

コンビとしての息があってきたものの獅子雄の考えを完全には肯定できない若宮は「命は死によって終わる。事件は真相が分かれば終わる。この男と僕の関係にもいつかは終わりが訪れる。それはどんな終わりなんだろう?少なくとも幸せな結末ではないそんな気がした…」と心の声で語ります。

ホームズが宿敵モリアーティ教授と対峙する「ライヘンバッハの滝」を想像させる意味深な台詞ですが、中盤にこの言葉を持ってくることで、終盤に向かう物語で獅子雄と若宮の運命がどのように交差するのか興味を惹きつけられる作りになっていました。

ドラマ第5話を見た人からは、「今日のシャーロックの『死体は誇り高い。生きている人間のようにうろうろしたりはしない』って台詞めちゃくちゃ同意だし死ぬほど好き」「シャーロックおディーン様 死体は誇り高いうん、カッコいい(笑)歳とって涙腺弱くなったなぁ」「死体は誇り高い、生きてる人間のようにウロウロしたりしない名言ですね」などのコメントが上がっています。

岩田さん演じる若宮が感情を露わにしたシーンで共感した人も多いのではないでしょうか。

ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0041756
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.