SexyZone・佐藤勝利とマリウス葉がケンカ?「知らないから聞きたくないねん!」

更新日:

毎週金曜放送の佐藤勝利さんがパーソナリティを務める「VICTORY ROADS」(bayfm)。6月7日の放送では、佐藤さんとマリウス葉さんの"ケンカエピソード"が話題となっています。

「知らないから聞きたくないねん!」マリウスとのケンカエピソードとは?

番組中、映画「アベンジャーズ」について、メンバー間でちょっとしたいざこざがあったことが明かされました。福岡のライブ当日、「アベンジャーズ」を既に見に行っていた中島さんにマリウスさんが「見に行ってきたよ」と感想を話し始めたようですが、佐藤さんはまだ見ておらず「ネタバレはしないでね」と注意。

「わかったよ」と返すマリウスさんですが、どうも見てない側には「ネタバレちょっとかすってるな」と感じる話し方だったそう。「ネタバレ抑えて」と何回言ってもギリギリアウトのラインをかすってくるマリウスさんに「だからネタバレやめて!」と佐藤さんが言うと、「知らない方が悪いんじゃん!」と返されてしまったのだとか。

佐藤さんは、エコーをかけて「ネタバレしてしまった人の言い訳としてすごくない?知らない方が悪いんじゃんて。知らないから聞きたくないねん!!」と強調。「ただのケンカですね(笑)」と締めつつ、一方では「良いエピソードもらったな」とも思ったそうです。

ネットでは、「ケンカするしょりマリ可愛いww」「ケンカを見ていたふまけん(菊池風磨さんと中島さん)を想像して笑える」などの声があがり、メンバーの日常が垣間見えるトークに歓喜した人が多かったようです。

佐藤勝利の歌詞の作り方は?

佐藤さんは、Sexy Zoneの楽曲の作詞を手がけていますが、今回の放送では作詞についてのお話も語られました。当時、歌詞を書く人が決まっておらず、「You 書いちゃいなよ!」と言われて書いたのがきっかけだそうで、さっそく周りからは好評だったのだとか。「まぁ僕文才あるんですけどね(笑)」と笑いながら自画自賛しつつ、もともと文を作るのが好きだったから出来たと語ります。

また、歌詞を書くノートがあるそうで、最初に曲をきいて音の数(ここは何文字など)を拾うことから始めるとのこと。基本的に歌詞が出てくるのは夜、しかも体調の悪い時には意識が外でなく内に向くため、バラードの歌詞が出てきやすいのだとか。また、比喩の中でも「~のようだ」と書く直喩ではなく、暗喩を使っているそうで、分からないぐらいにするのがこだわりだそうです。

この話をした後、「これもベッドの上で横になりながら書いた」という自身作詞のソロ曲「Last winter’s night」が流れました。最後の歌詞は暗すぎる終わりにならないようにということでレコーディング当日に床で書き直したそう。

佐藤さんは、「今日歌詞のノート持ってきたけど、全部説明するのもアレだから、自分に残った言葉だけで話そうと思ってわざと車に置いてきた(笑)」と語り、それだけ歌詞や言葉に対する思いがあるようでした。

「勝利くんの考え聞けて嬉しい」作詞の裏話に歓喜の声

ケンカエピソードから真面目な話まで、聴きどころ満載だった今回の放送。ネットでは、「歌詞の話、勝利くんの考え聞けて嬉しい」「今後もこの歌詞作りの話を思い浮かべて聴くよ~」など、貴重な話を聞けたことに喜びの声が上がっていました。

次はどんな話が聞けるのか、次週の放送も楽しみですね。今週の放送もタイムフリーで聴けるのでチェックしてみてくださいね。
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20190607213000
(文:アイドル担当ライター ゆず)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.