佐藤健、自身が実践する"メンタルの保ち方"を告白!「真っ向からそこにぶつかって行ったら…」

投稿日:2021/08/01 14:37 更新日:

7月31日放送の「news zero×映画『竜とそばかすの姫』〜誰も見たことのない世界を〜」(日本テレビ系)では、公開中の映画「竜とそばかすの姫」の細田守監督と劇中で竜役を務めた佐藤健さんが登場。対談の中で佐藤さんが俳優になったきっかけを明かし話題を集めました。

佐藤健

(画像:時事通信フォト)

■佐藤健&細田守が対談

アニメーション映画「竜とそばかすの姫」で物語の舞台となるインターネット上の仮想世界<U>について、佐藤さんは「とにかく<U>の世界の絵がキレイでしたね。もちろん毎回、素晴らしいと思いながらも今回ずば抜けてキレイでしたよね」と映像の完成度の高さを絶賛します。

ここで、佐藤さんが「何かあったんですか?」と問いかけると、細田監督は「それはやっぱりね、佐藤健が参加してるっていうのが」とコメント。

一方で、佐藤さんは「僕が出てるシーンを一番どっちかというと『うわ〜』って思いながら見て」と自分の出演シーンを見るのは恥ずかしいそうです。

続けて、佐藤さんは「言っても僕からすると声のお仕事っていうのは本業じゃないですし、口が裂けても得意だとは言えないような。どっちかというと苦手意識があるような」と声優の仕事について本音を吐露。

さらに、細田監督は「だってさ、最初アフレコ始まった瞬間さ『聞きたいことがいっぱいあります』って言って。ろくに話もせずにスタートした」と明かし、佐藤さんもその時を思い出すように笑いました。

■佐藤健がベルの美しさを絶賛

また、佐藤さんは「ベルの美しさが尋常じゃなかったですね。ビックリしました。実写だとあの人のここのカットがすごいキレイだったな、美しかったなっていう感想ってよくあると思うんですけど、アニメで僕、それ思ったの初めてかもしれない」と<U>の世界に登場する歌姫・ベルの美しさに衝撃を受けたと言います。

続けて、佐藤さんが劇中で竜とベルが登場するシーンに触れ「めちゃくちゃキレイで」と伝えると、細田監督は「健くんにそうやって言ってもらうとすごい自信がつくな。だって、日本で一番キレイな女優を見てる人でしょ」と指摘します。すると、佐藤さんは笑顔を浮かべながら「そうなりますね!」と語りました。

■佐藤健、自身が実践する"メンタルの保ち方"を告白!「真っ向からそこにぶつかって行ったら…」

アニメショーンの世界に入ったきっかけについて、細田監督は「やっぱりアニメ映画だったんですね。小学校の時に見た『ルパン三世 カリオストロの城』っていう映画が小学校6年生の時あって…。それを見てね、小学校の卒業文集に『こういう映画を作りたい』『こういう映画を作る監督になりたい』って書いたの残ってるんですけど」と振り返りました。

一方で、佐藤さんは俳優になったきっかけについて「僕はそういうきっかけはなくて、スカウトしていただいてズルズルと…。そうやって子供の頃からちゃんと夢を持って実現されてる人を見るとめちゃくちゃすごいなって思いますね」と小学校時代の夢を叶えた細田監督を絶賛します。

また、細田監督が「健くん『もうダメだ』とか『これはもう終わったな』とか思うの?」と尋ねると、佐藤さんは「僕の場合は監督業とは絶対違ってダメだった時に…。『これは監督のせいにしよう』とか『これは脚本が悪かったな』とか(思う)」と本音を暴露。

続けて、佐藤さんは「真っ向からそこにぶつかって行ったら病んでいっちゃうと思うんですよ。だからうまいことかわしながら」とメンタルが落ち込まないように思考を切り替えるようにしていることを明かしました。

■佐藤健&細田守のトークに反響

今回の放送について、ネット上では「細田守さんと佐藤健さんの対談 私得でしたねえ!」「ZERO×竜とそばかすの姫 ってやってるの気づいて見てたら健さん!!!細田監督にインタビューしてる!!」「今やってる竜とそばかすの姫の宣伝番組で佐藤健『ベルが本当に綺麗なんですよね〜』細田監督『嬉しいな〜日本で一番多くの綺麗な女優を見てきた佐藤健が褒めてくれるなんて』なってやりとりして佐藤健が苦笑いしてたの好き」などのコメントが上がっています。

佐藤さんと細田監督のトークを貴重に感じる人は多かったようです。

また、細田監督が小学校からの夢を叶えていたことが分かり、グッときた人もいたのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.