「頑張って」状況と重なり涙するファンも…さらば青春の光・森田、NGのバンジー挑戦に応援の声続々と #水ダウ

投稿日:2021/04/15 12:11 更新日:

4月14日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)では、「アメとムチならムチの方が力出る説」第2弾の検証を実施。さらば青春の光・森田哲矢さんの奮闘が話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■「アメとムチならムチの方が力出る説」第2弾の検証を実施

ジミー大西さん、安田大サーカス・団長安田さん、バイきんぐ・西村瑞樹さん、さらば青春の光・森田哲矢さん、豆柴の大群・カエデフェニックスさんが参加する事になったのは、「アメとムチならムチの方が力出る説」第2弾。

この企画は、偽番組で呼び出した出演者に、何も伝えずに鉄棒ぶら下がり時間を測定。

次に"アメ"として、通常時のタイムを1秒超えるごとに5000円貰えると伝えた上で、もう1度鉄棒にぶら下がりに挑むタイムを測定。

この"アメ"では森田さんは、通常タイム22秒を上回る34秒を記録。

そして"ムチ"として、手を離したらそのままバンジージャンプになるという過酷な状況でタイム更新に挑む事に。

"ムチ"でタイム更新をすると、バンジージャンプを飛ぶ事なく生還する事が可能です。

今回のメンバーの中で、ジミーさん、森田さん、カエデさんはバンジーNGとのこと。

バンジーNGという事もあり、スタッフから企画の趣旨を伝えられた森田さんは「なんかジグソウみたいなやり方っすよそれ。『SAW』の…サイコパスの殺し方というか」とクレームを入れました。

■「頑張って」状況と重なり涙するファンも…森田、NGのバンジー挑戦に応援の声続々と

1人目の西村さんが失敗してバンジーを飛んだのに続き、森田さんが2人目として挑戦する事に。

しかし、バンジーNGな森田さんは極度の不安と緊張のため過呼吸状態になり、スタート台に立つ事すら苦戦。

なんとか20分かけてスタンバイが完了して、森田さんの挑戦がスタート。

通常時のタイムをクリアした森田さんでしたが、"アメ"時のタイムに4秒足りない34秒で鉄棒から手を離してしまい、バンジーを飛ぶ事に。

落下した森田さんの姿を見たダウンタウン・浜田雅功さんは大喜びしながら、「これホンマ事故の画やん!」とコメント。

また、プレゼンターの麒麟・川島明さんは「ホンマに死ぬ瞬間の顔ですから」と相槌を打ちます。

挑戦終了後、森田さんは「落ちたらアカンのよ。NGって…。あそこの心拍数エグいっすね。だからこれ裁判っすよね、これ。NGやもんだって。落としたらアカンやん、NGのヤツ!」とスタッフにダメ出し。

それでも、森田さんは「『水曜日のダウンタウン』に殺される悔しさ、ハンパないっすね。人生にどうすることも出来ひん事って、やっぱあんねんなって」と語り、今回の挑戦を振り返りました。

今回の放送にはネット上で、「なんか色んなこと考えてたら、ただ水曜日出てバンジー頑張ってた森田さんがカッコよく見えてきた」「森田がやってる時自分も手汗がめっちゃ出てきためっちゃ怖そう」「さらばの森田の決死のバンジーは芸人魂感じたしタイミングもあって涙出そうになった。がんばってほしい」などのコメントが上がっています。

森田さんが本当に高所が苦手というのが伝わり、芸人魂を見せて挑戦する姿が感動的でしたね。

【番組情報】
水曜日のダウンタウン
https://tver.jp/corner/f0072111

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.