ザブングル・加藤の「魔王は死んだ」その真相は?ご長寿ならではの名言が"ガチで響くわ"と話題

更新日:

10月5日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)にザブングルの加藤歩さんが闇営業騒動後、初のテレビ出演を果たし謹慎期間中のエピソードを披露。加藤さんの久々のテレビ出演とそのエピソードがネット上で話題になりました。

(画像:時事通信フォト)

ザブングルの加藤が闇営業騒動後、久々のテレビ復帰

この日の放送では、ザブングルの加藤さんが闇営業後初めて登場。これまでこの番組で暴君ぶりを発揮し"魔王"と称されていた加藤さん。テレビ出演は久しぶりだったことから、まずは謝罪の言葉が加藤さんから飛び出ました。すると、周りの出演者からは「魔王はどうした」と一斉に突っ込みが入ります。

また、加藤さんは謹慎中お酒を一切飲まず、熊本の介護施設でボランティア活動をしていたと語り、共演する陣内智則さんからは「しっかり反省したね」と迎えられつつ、加藤さんの魔王キャラを復活させようと出演者全員が盛り立てるように話は進んでいきました。

加藤の「魔王は死んだ」と指摘される?ご長寿ならではの名言とは

そして、司会の明石家さんまさんとネプチューン・堀内健さんから、介護施設での面白エピソードを振られると、加藤さんは"心に響いたベスト3"ならあると答えます。それに対して、常に笑いを欲するさんまさんは良い話はいらないと一蹴。しかし、もしかしたら凄いオチがあるかもしれないと周りの出演者から助け船が入り、その発表を聞くことに。

3つ全て発表され、どれも、笑いよりも感動が勝る話となり、カンニング竹山さんからは「魔王は死んだ」と突っ込みが入ってこの話は終了しますが、ネット上では第2位に披露されたエピソードが話題になりました。

そのエピソードとは、加藤さんが90歳くらいのおばあちゃんから年齢を聞かれ、45歳と答えたところ、あと3回はやり直せると言われたというもの。ネット上では「お年寄りの話、ガチで響くわ」「45歳ならあと3回やり直せる、、、俺もやり直す」「ご老人の話、泣ける」といった声が上がり、ご長寿ならではの名言に感激したという視聴者が多かったようでした。

加藤の「魔王」は本当に死んだのか?その真相は

その後、熊本生活から帰京したときの話をする流れへ。熊本に1カ月間ボランティアに行ったことで、家族とも1カ月間離れていたという加藤さん。熊本から自宅に帰る際、1カ月ぶりの再会に家族はどう出迎えてくれるか期待するも、家族はそれぞれ用事があり、帰宅しても誰もいなかったと語ります。

そして家族の帰りを待っていると、最初に8歳の息子さんが帰宅したそう。1カ月ぶりの再会に我が子は何と声を掛けてくれるかと期待するも、息子さんの発した第一声は「あれ?お母さんは?」でした。感激の再会が叶わなかったこのエピソードに出演者から大爆笑が起こりました。

久々にテレビ出演をして、さまざまなエピソードを披露した加藤さんに対し、ネット上では「魔王復活!相変わらず面白い」「もう二度と観られないかもと思ったが、戻ってきてくれて嬉しい」「謙虚に謝罪しつつ、失っていない芸風!最高!がんばれー!」と加藤さんの復帰を温かく迎える声が数多く上がりました。

一方、加藤さんの相方、松尾陽介さんはツイートで「魔王、復活おめでたい! 芸人の皆様、ご迷惑お掛けしますm(_ _)m」とコメントをあげていて、ファンなどからは「頑張ってください」などという応援の声もあがっています。

番組では、カンニング竹山さんから「魔王は死んだ」と痛烈な一言を言われてしまいましたが、加藤さんは盛り返してスタジオを沸かせていました。やはり、加藤さんの魔王は、健在だったようですね。ザブングルのお二人から、これからもたくさんの笑いを届けてもらえることを期待したいですね。

(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.