ストーカーの部屋に卵パックがびっしり…視聴者を戦慄させた #だから私は推しました ホラー演出とは

更新日:

桜井ユキさん主演のドラマ「だから私は推しました」(NHK総合)の第7話が9月7日に放送されました。第7話では、ストーカー気質のオタク(通称・オタ)・瓜田勝(笠原秀幸)が再登場して話題を集めました。

「だから私は推しました」第7話のあらすじ

アイドルグループ・サニーサイドアップ(サニサイ)のメンバー・栗本ハナ(白石聖)の過去が暴露され、自分にも嘘をついていたことを知りオタを辞めた遠藤愛(桜井ユキ)。

そうした時、玉路紀子(天木じゅん)が愛の前に現れ、運営がハナを切ろうとしている話を知らせます。ハナが追い詰められていることを知り、居ても立っても居られなくなった愛はオタ仲間だった小豆沢大夢(細田善彦)に連絡。

小豆沢と一緒に、ハナがいじめをしていたという話の真相を探るために同級生に話を聞くことになりますが…。

「私だけのオタでいて…」リーダー・原花梨がサニサイを脱退?

同級生から話を聞き、何があったのか知った愛はハナへの信頼を取り戻します。しかし、喜びもつかの間、リーダーの原花梨(松田るか)が突然「私は辞めてもいいですか?」とグループからの脱退を宣言。

元々はシンガーソングライターを目指していた花梨は、別のボーカルユニットからの誘いを受けたこともあり、「自分を試してみたい、サニサイを卒業させてください」と、脱退理由を説明します。

そこで、オタ仲間のリーダー的な存在である小豆沢大夢(細田善彦)が花梨に話を聞いてみると、彼女は「ステージの上からは誰がどこを見てるのかよく見える。私の理想は私だけのオタでいてくれる小豆(小豆原)さんなんです」と小豆沢に伝えます。

花梨は小豆沢が愛に淡い恋心を寄せていることを知っていて、「幸せになってください」と語りかけて、彼の前から去りました。

ストーカーの部屋に卵パックがびっしり…視聴者を戦慄させた部屋

過去にハナへのストーカーまがいの言動が問題となり出禁になった瓜田勝(笠原秀幸)。ドラマ第2話で登場してからほとんど姿を見せませんでしたが、第7話で再登場します。

実は出禁になってからも新規のファンを騙り、ハナのライブ配信に顔を出して彼女の動向をチェックしていた瓜田は、宅配業者に化けて愛の前に現れると彼女を監禁。

目覚めた愛が周りを見ると、目の前にあったのはサニサイがCMに出演した卵パックが敷き詰めらた部屋。屈折したハナへの愛情から大量の卵を購入した瓜田の狂気を象徴する卵パックの部屋が衝撃的だった人も多いのではないでしょうか。

このシーンを見た人からは、ネットに「さすがに卵パック壁にびっしりはキモすぎて引いた瓜田の狂気がよく表現された部屋ですね」「卵パックの吸音部屋、鳥肌でしかなかった…」「瓜田の卵パック部屋めちゃくちゃ怖い。オバケ出てきてないのにオバケよりずっと怖い。生きてる人間が1番怖い…」などのコメントが上がりました。

推しのアイドルが出演したCMの卵を大量に購入して、それを壁のように部屋に敷き詰めるというのは、ホラー演出としても斬新で映像的なインパクトが抜群だったようです。

ただし、冷蔵庫に「87(ハナ)」という文字を書いたり、ハナへの異常な執着を見せる瓜田がこの部屋を見せたいのは愛ではなくてハナ。

瓜田を突き落とした容疑で取り調べを受ける愛ですが、誰かをかばうような素振りを見せていました。そう考えると、瓜田を突き落としたのは別の人間である可能性が高いのかもしれません。

事件の真相が明らかになる9月14日(土)の最終回で、何が語られるのか興味が尽きないと感じる方も多いのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.