櫻井翔の発言にHey!Say!JUMPファン「もしかして知ってたの!?」感動の声「ワクワク学校」が話題

更新日:

「嵐のワクワク学校2019」の当落結果が発表され、話題になっています。

"合格"か"不合格か ファンがリアル受験より必死になる受験って?"

ワクワク学校は、嵐が毎年東京と大阪で行っているチャリティーイベント。「学校の授業」という設定で、嵐のメンバーが先生となって、日常生活に役立つ知識等を教えてくれる内容になっています。

今回で9回目になりますが、2015年からは毎年、後輩グループを助手や生徒に迎え、2グループが出演しています。今回の助手はHey!Say!JUMPで、ジャニーズの中で、ファンクラブ会員数が1位の嵐と、関ジャニ∞を挟んで3位のHey!Say!JUMPのファンが、東京と大阪で計4回しかない"授業"を聴けるチケットを賭けて、抽選に挑みました。

ファンクラブ会員しか申し込めない?条件が変わっても倍率は数十倍

今回の申し込みは、代表者同行者とも、2グループどちらかのファンクラブ会員でなければ申し込みできないという厳しい条件のもと実施されました。

昨年までは、ファンクラブに入っていなくても誰でも申し込めたため、倍率は数百倍とも言われていましたが、今年はファンクラブ会員限定の申し込みだったため、例年よりは倍率も下がったようです。それでも今回の倍率は20~30倍(またはそれ以上)とも言われ、とんでもなく狭き門なのです。

「奇跡!」「まさか当たってるなんて!」「やっぱり落選か」両者の声がトレンド席巻

当落結果の発表を受け、SNS等には「まさか当たってるなんて!」「当たってると思わなかった!」「奇跡ってあるんだね」という当選者の喜びの声と、「やっぱり落選ね」「(結果)見なくてもわかってたもん」「涙止まらない…」といった落選者の悲痛な叫びの両方が溢れ、「ワクワク学校」という単語が一時Twitterトレンド1位になるほどでした。

「マナーを守って」Hey!Say!JUMPのツアー中止にファン自戒

Hey!Say!JUMPは、今年のアリーナツアーをファンのマナーの悪さを理由に中止したことから、当選したファンから、「マナーを守ってしっかりお勉強して来ます!」「Hey!Say!JUMPの(ファンマナーの悪さが原因のツアー中止)ことがあるから、しっかりマナー確認しないとね!」などの声があがっていました。

また、落選したファンからは、「(気晴らしに嵐の)DVDでも見るか…」という声や、当落の日がちょうどHey!Say!JUMPの新曲のフラゲ日(予約した人が発売日前日に受け取れる日)だったため、「気持ち切り替えて新曲フラゲしてくる」といった声もありました。

「知ってたの?」「元気出た」櫻井翔の発言も話題

そんな中、当落日の数日前に行われた札幌での嵐コンサートの中で、最後の挨拶の際に櫻井翔さんが「Sexy ZoneとかHey!Say!JUMPも応援してください」と発言していたことがファンの間で話題になりました。

2グループ共、過去のワクワク学校で共演しているグループのため、嵐ファンからは「後輩思い!」と感心する声が相次いだのですが、実はこの時、Hey!Say!JUMPが今年のアリーナツアーを中止するというお知らせが広まる直前の事だったため、「翔くん、(JUMPのツアー中止のこと)知ってたの?」「翔くん優しい!」という声や、「ツアーの中止めちゃくちゃ辛いけど、翔くんの言葉で元気でた!」「翔くんありがとうございます!」などの声があがり、Hey!Say!JUMPファンはひとしきり盛り上がったのでした。

どちらのファンも、「登校」できるファンはその幸運に感謝して、しっかりとマナーを守って楽しみたいものですね。(文:ジャニーズライター 裕凛)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.