ローラの政治発言に爆笑問題・太田光「すべての表現は政治的」ネットで絶賛の嵐!サンジャポが話題

更新日:

12月23日放送のワイドショー「サンデー・ジャポン」で、ローラさんの発言に関して番組MCの太田光さんが発した言葉が話題になっています。

ローラがインスタ投稿で政治的発言

番組中、トークテーマが沖縄県名護市辺野古の基地建設についてのローラさんの発言に移ると、堀江貴文さんやテリー伊藤さんら出演者が激論を交わす展開になりスタジオ内がヒートアップ。その中で、番組MCの太田光さんの言葉が共感を呼んでいます。

23日放送の「サンデー・ジャポン」では、今週話題になったニュースとして、ローラさんがインスタグラムに投稿した発言が紹介されました。これは、ローラさんがインスタグラムのストーリー機能を使い、「We the people Okinawa で検索してみて。美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの。名前とアドレスを登録するだけでできちゃうから、ホワイトハウスにこの声を届けよう」と投稿したもの。住宅密集地と隣接した、アメリカ軍の普天間基地の問題を巡り、名護市辺野古への移設工事を中止するように求める嘆願書に賛同する署名をローラさんは呼びかけました。この署名は、1か月間で10万筆が集まれば、アメリカ政府が内容を吟味した上で、何らかの返答をする仕組みになっています。社会的に影響力のあるローラさんの呼びかけたこともあり、署名は10万筆に到達しました。ローラさんの発言に対しては、賛同を示す人がいる一方で、勉強不足など厳しい批判を浴びせる人もいるなど賛否両論を呼んでいます。

画像はローラさんの公式インスタグラムのプロフィール画像

ローラの発言を巡って「サンジャポ」スタジオがヒートアップ

ローラさんの発言を巡って、デーブ・スペクターさんは、CMに多数出演するローラさんの立場も考えると政治的な発言には、しっかりと考えるべきと苦言を呈します。また、辺野古へのアメリカ軍機基地の移設工事の中止に呼びかけについては、「沖縄の海を綺麗に」だけで対案がないとも批判を展開。また、ゲストで登場した堀江貴文さんは、「このような発言をして事態を膠着させることがベストだと思わない。僕とかから批判浴びてぼこぼこにされることは覚悟してもらわないと」とコメント。政治的な発言をすることは自由であるが、発言には責任を持ち、移転中止を呼びかけるだけでローラさんには別の解決策のアイデアがないことをデーブさんと同じように指摘しました。さらに、西川史子さんも概ねデーブさんと堀江さんの意見に賛同を示すことに。

「誰しも勉強の途中なんだから」擁護派の意見

一方で、テリー伊藤さんは、「解決策がないから発言するのは良くないっていうのはおかしい話。村本も最初に発言したときは勉強不足だった。彼自身もそう言っていて、やるごとに彼なりに考えている。勉強不足だから発言するなっていうのはおかしい。誰しも勉強の途中なんだから」と、真っ向から堀江さんらの意見と対立する見解を示します。杉村太蔵さんもテリーさんと同じで、ローラさんの行動に賛成する立場を取ります。

「全ての表現は政治的」爆笑問題・太田光のコメントが話題

両陣営の意見が対立してスタジオがヒートアップする中、番組MCの太田光さんも持論を述べます。「全ての表現には政治的なメッセージが含まれている。ファッション業界だって動物の皮を使う・使わないとか、デザインを労働者風にするか、セレブ風にするか、ということで政治的なメッセージを使う。そんな業界にいるローラが、そういう意識を持つのは当たり前」と太田さんはコメント。表現者が政治的なメッセージを送るのは当然で、周りが必要以上に叩くのはおかしいとローラさんの発言に指示を表明。スタジオ内が喧嘩ムードになったこともあり、最後は「真面目に語ってすいません」と笑いを取り、次のテーマに移行。スタジオの雰囲気を和らげる機転を見せつつ、いつになく真剣な表情で持論を語る太田さんの発言は共感を呼ぶことになりました。

「太田光がいいこと言っていた」太田の言葉に共感する人が続出

太田さんの発言を巡っては、SNS上にも「太田光がいいこと言っていた」などの絶賛するコメントがあがっていました。太田さんの言葉も良かったのですが、今回、藤田ニコルさんもローラさんが発言することでこの問題を考えるきっかけになったとコメントを残しています。辺野古の問題には様々な意見がありますが、一番問題なのは無関心でいることかもしれません。例え勉強不足でも後から勉強することも良いわけで、沖縄のアメリカ軍基地の問題に若い世代が少しでも関心を示すという意味で、ローラさんの発言は意味のあるものになったのではないでしょうか。基地移転に反対する立場を取るのであれば、その代わりの案を考えるきっかけを多くの人に与えた有意義な議論だったかもしれません。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.