MステSP冒頭からKinKiファン悲鳴!ファンだけが知っている「相方正面」とは?

更新日:

12月21日放送の「MUSIC STATION SUPER LIVE 2018」にKinKi Kidsが登場しました。毎年たくさんのアーティストが登場するこの生放送の番組を楽しみにしている方も多いと思いますが、なかでもKinKi Kidsファンにとっては今年のこの番組は特別なものだったようです。

KinKiあるある?「相方正面」にファン歓喜!

恒例の年末コンサートが中止となりKinKi Kidsの歌唱するシーンを見られないことで悲しんでいるファンにとって、「MUSIC STATION SUPER LIVE 2018」は、待望の登場となりました。冒頭、すべての出演アーティストがステージにあがりオープニングをむかえますが、このオープニングからKinKiファンにとっては悲鳴もののシーンが訪れます。

ファンの間では通常運転とされる"KinKiあるある"なのですが、主に光一さんが剛さんの方を全身で向いてしまい客席やカメラをいっさい見ないという行為。そしていつからかその行為をファンが「相方正面」と呼ぶようになりました。

「相方正面」はコンサートのステージやテレビ番組などで頻繁に見る事ができるのですが、今年の年末はコンサートがないことから、ファンは突然カメラに抜かれたこの「相方正面」シーンを見逃しませんでした。ツイッターでも「客に背向けて相方正面ww」「相方正面すぎる」「何事?(笑)」「何事!?ってくらい相方正面だったw」「相方正面にもほどがある」と大盛り上がりを見せていました。

「ね、つよしくん。」Twitterトレンド入りのやり取り

冒頭からファンの心をつかんだKinKi Kidsの出番は番組の後半。タモリさんに今回披露される新曲「会いたい、会いたい、会えない」について聞かれると光一さんが「久保田利伸さんがKinKiのためにと作ってくださった曲です」と紹介。その流れで「ね、つよしくん。」と剛さんに同意を求めるシーンも。このやり取りにもファンは大喜び。なんとツイッターのトレンドにも入るほどでした。

ゆるぎない歌唱力と表現力にファン以外からも大絶賛

剛さんは楽曲について「とても難しい曲で…」と話していましたが、そこはさすがベテランともいえるKinKi Kids。それまでのほんわかした雰囲気のトークを感じさせない圧巻の歌唱を披露しました。ファン以外からも「堂本剛の歌唱力すごい。」「KinKiいいな」とかなり好評な様子でした。テレビ朝日公式のキャラクター、ゴーちゃんもすてきなツイートを残していました。

耳の影響を心配されている剛さんですが、事情を知らない方からは「なんでヘッドホンつけてるの?」という声もたくさんあがっていました。突発性難聴は目に見えない障害ですので、その事をしらない一般の方にとっては疑問に思う声があがる事も理解できます。そしてそれと同時に、その影響を感じさせない剛さんの歌唱力にも賞賛の声があがり、「耳に聞こえる音は実際の音の高さと違うんでしょ?なのに全く外さないってすごくない?この人はどれだけ努力したんだろう」「いい歌だなぁ」「めちゃくちゃ上手い」などの声があがっていました。

物足りないけど充実した時間

実際の出演時間はとても短く、ファンにとっては「物足りない、もっと見たい!」という声もあがりましたが、短時間であってもしっかりとKinKi Kidsを感じられる時間だったと感じます。KinKi Kidsの新曲「会いたい、会いたい、会えない。」。番組をみて気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。(文:KinKiKidsライター ドナ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.