収録3時間超え…アメトーーク!『NBA大好き芸人』が"熱い"と話題

更新日:

10月31日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)は、アメリカのプロバスケットボールリーグ・NBAの魅力を語る「NBA大好き芸人」を放送。日本人としてNBAでプレーする八村塁選手の高校時代のエピソードが話題となりました。

(画像:時事通信フォト)

高校時代の八村塁の粋な言葉とは?

「NBA大好き芸人」が放送されたこの日は、早速、話題は日本人として初めてドラフト1巡目指名を受けたワシントン・ウィザーズの八村塁選手の話になります。番組では、そんな八村選手が高校時代にウインターカップで3連覇を果たした時のインタビュー映像を紹介。

この時、八村選手は「バスケはすっごいすっごい楽しい」とコメント。実はこの発言には、歴史があり1年時には「バスケは楽しいです」、2年時には「バスケはすっごい楽しいです」と言っていて、「バスケは楽しい」というフレーズに年を重ねるにつれて言葉を足していくという八村選手の粋な計らいがありました。

ライザーラモンRGがステフィン・カリーのサインボールゲットの裏話を語る

NBA史上最強の3Pシューターのステフィン・カリー選手が来日した際に行われたイベントでサインボールをゲットした逸話を語るのはレイザーラモンRGさん。

この時はまだ日本では発売されていなかった"カリーモデル"のシューズを海外から取り寄せたそう。カリー選手にそれを見せてアピールすると、功を奏し、カリー選手が自分に向かってボールを投げてくれたそうです。

チョコプラ・松尾渾身の顔モノマネとは?

現在のNBAを語る上で欠かせない存在が「キング」レブロン・ジェームズ選手。番組ではパワー・スピード・テクニックその全てを兼ね備えたレブロン選手のスパープレイ集を紹介。

また、ハライチ・澤部佑さんはレブロン選手が故郷のオハイオ州アクロンに小学校を設立するなど、レブロン選手の人格者としての一面についてコメント。

一方で、RGさんはレブロン選手がお茶目な表情を見せる時があると話し、この顔モノマネが「世界一似てる」のがチョコレートプラネット・松尾駿さんであると太鼓判を押します。松尾さんのレブロン選手の顔モノマネはSNSでアップされています。

デリック・ローズの人生の物語に感動

番組の最後で紹介されたのは、デリック・ローズ選手。2010-11シーズンに史上最年少でレギュラーシーズンのMVPに選出されるなど将来を嘱望されたローズ選手。

しかし、その後は度重なる怪我もあり、思うようなプレーができないシーズンを過ごすことが多くなります。そうした中で迎えた昨年10月31日のジャズ戦でローズ選手はキャリアハイとなる50得点を記録。

実はジャズはローズ選手の前の所属チームで、自分を解雇したチームにキャリアハイの得点を見せつけ、完全復活を遂げました。

番組では試合後のローズ選手の「僕は(復帰について)決して諦めたりはしなかった。タオルを投げることもなかった。僕は本当にバスケットボールが大好きなんだ。それに、今の僕には息子と娘がいる。彼らに僕が諦めなかったことを見せたかったんだ」という言葉を紹介。

収録3時間超え…アメトーーク!『NBA大好き芸人』が"熱い"と話題

ネットでは、「寝れないから録画してたアメトークのNBA芸人見た。まさか最後にデリック・ローズの壮絶なNBA人生を取り上げてくれるとは思わなかった。ローズがキャリアハイを叩きだしたあの試合はリアルタイムで見てたけど本当に感動した」「NBA大好き芸人良かった!ローズの事話してくれたのは嬉しいなぁ…ほんとに感動したからあれ」「ローズを特集してくれて感動!!今の時代に締めにローズって最高です」などのコメントが上がっています。

最後にローズ選手のVTRを持ってくる構成が視聴者の心を掴んだのかもしれませんね。また、NBAのスーパープレイ集などVTRも興奮の連続だったのではないでしょうか。

RGさんによると「スタッフさんのNBAおもてなしが凄すぎて実は収録3時間越え」ということなので、できれば未公開シーンを何かの機会にぜひ放送して欲しいですね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.