「R-1ぐらんぷり」観客は"サクラなの?"過剰反応が波紋を呼ぶ 松本人志ら著名人も苦言

更新日:

2019年3月10日にピン芸No.1決める「R-1ぐらんぷり 2019」決勝が開催され、霜降り明星の粗品さんが優勝を飾りました。芸人がしのぎを削る大会は盛り上がりを見せたのですが、ネタ中に悲鳴が飛び出すなど、観客の過剰反応が波紋を広げています。

「R-1ぐらんぷり 2019」優勝は霜降り明星・粗品

3月10日に開催された「R-1ぐらんぷり 2019」決勝で優勝したのは、お笑いコンビ・霜降り明星のツッコミ担当の粗品さん。昨年の「M-1グランプリ」に続き優勝を飾った粗品さんは、史上初の2冠を達成する形になりました。粗品さんが、「R-1ぐらんぷり 2019」で披露したのは、パジャマ姿で披露するフリップ漫談。「夢ってなんか変ですよね?」から始まる粗品さんのネタは、彩色豊かな豆腐の塗りを描く子供に「天才、独唱的に溢れてる」など、キレの良いツッコミを息もつかせぬテンポで展開していくのが特徴。高速でネタで展開させるだけでなく、ネタ中にはあの有名画家バンクシーの絵を登場させるなど、ネタの中での緩急の入れ方も絶妙で優勝も納得の出来栄えでした。

「サクラなの?」ネタ中に観客から悲鳴

今回の「R-1ぐらんぷり」ではテレビでネタを見ている時の観客の声が気になったと感じた人が多かった模様。特に、観客が悲鳴をあげたのが岡野陽一さんのネタ。敗者復活枠から決勝に残った岡野さんのネタは、鶏肉を風船につけて空に飛ばすというもの。サイコパス的な設定のネタということもあって、岡野さんが「鶏肉をもう一度、大空に飛ばしてやる、ハッハッハッ」と語りかける場面では観客からは「ヒィーっ」という悲鳴が聞こえます。さらに「人間のエゴで可哀想だろう」と続ける場面でも同様の悲鳴が聞こえることに。岡野さんのネタにはサイコパス的な要素をあったのは事実ですが、こうした観客の過剰反応については、「岡野さんの時の異常なまでの悲鳴は解せない」「R1ぐらんぷり客席さくらなの?ってぐらいわざとらしいリアクションなんだけど」などの声があがることになりました。他にも「R-1の観客、完全にネタの邪魔してる」など、岡野さんのネタに限らず過剰に反応しすぎて、芸人さんのネタを邪魔していると感じた人もいるようですね。

松本人志ら著名人も観客の過剰反応に苦言?

「R-1ぐらんぷり」の観客の過剰反応については、松本人志さん・きゃりーぱみゅぱみゅさんら著名人もSNS上で苦言を呈しています。また、キートンさんは「観客席の過剰な反応はいらない」と、この日の放送が始まる前に観客のマナーについて指摘する投稿をしています。テレビ側の人ですら観客の過剰な反応は見ていて気になったようです。「偽客(さくら)」のように見えてしまうほど、過剰な反応を見せる場面もあってので、ネタをする芸人さんのプレッシャーは相当なものだったのではないでしょうか。逆に、昨年の「M-1グランプリ」の客席の空気は重すぎたので、今回の「R-1ぐらんぷり」との中間ぐらいが一番気持ちの良い反応かなと感じました。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.