“BISTRO SMAPでパクリました”木村拓哉絶賛のパスタが話題!「人生最高レストラン」

更新日:

3月9日に放送された「人生最高レストラン」に木村拓哉さんが出演。番組内で木村さんは、人生で最高に美味しかった料理を紹介しつつ、それにからめた「SMAP×SMAP」の人気コーナー「BISTRO SMAP」でのエピソードを明かし話題になっています。

極寒の北海道・根室で木村拓哉が差し入れた料理とは?

ゲストが人生で最高に美味しかった料理について語るTBSのグルメトーク番組「人生最高レストラン」に木村拓哉さんが登場しました。木村さんは最初に極寒の北海道・根室で撮影したドラマ「南極大陸」のエピソードを紹介。吹雪の中撮影したこのドラマはまさに寒さとの戦い。そこで、木村さんはスタッフに温かいものを食べてもらえるよう、根室で開業する「しげちゃんラーメン」の店主にラーメンを振る舞って欲しいとお願いします。木村さんの頼みもあり、店主はケータリングで快くスタッフにラーメンを振る舞ってくれたとのこと。スタッフを思う木村さんの人柄が現れたエピソードとなっていました。

「スタッフも俳優も関係ないから」東日本大震災時に見せた対応

「南極大陸」を撮影していた2011年3月11日、木村さんらドラマの撮影クルーも激しい揺れを経験します。この時のことについて木村さんは、「津波警報が鳴りだして『撮影している場合じゃない』『とにかく避難しよう』ってなった」とコメント。この時の関係者の話によると、一旦はキャストが先に避難したものの、木村さんは自分でスノーモービルを運転して、撮影場所に戻ってきたそうです。「スタッフも俳優も関係ないから」と話しかけ、木村さんは率先して、出演者、女性スタッフ、機材を高台まで運んだとのこと。東日本大震災時に主演俳優でありながら、木村さんは撮影クルーのことを考えて素晴らしい対応を見せることになりました。このことについて、木村さんは「警報が鳴ったのでダメだと思って。現場にまだ機材もあるし、スタッフも全員残っているし、ダメでしょって言って戻って。本当に怖かったし、でも自分が先にという頭にはならなかったかな」とコメント。恐怖を感じたものの、利己的にはなることはなかったと、木村さんは当時を冷静に振り返っていました。

“BISTRO SMAP でパクリました”木村拓哉が感動したパスタを紹介

話題が料理の話に移り、スパゲティの「ボロネーゼ(ミートソース)」が大好物だと語る木村さん。その中でも感動したのが、撮影時に根室で宿泊していたホテルの近くに店を構える洋食店「あんくる&チボリ」の「ビーフシチュー仕立てのミートソース」。この店の「ボロネーゼ」の魅力は、通常はひき肉を使うところ、一口大のお肉がゴロゴロと入っているところだと力説しました。美味しいと思い料理を食べた後、「ごちそうさま」とレジに向かうと「BISTRO SMAP」のレシピ本を発見したそうです。木村さんがシェフに話を聞くと、就職するか、シェフになってお店を継ぐか迷っていた時に、「BISTRO SMAPを観てシェフになろうと決心した」とのこと。自分が出演する番組が1人の人間の人生に影響を与えたことについて木村さんは、「すっごく嬉しかった」と話しました。そして、この食べ応えのあるこの一皿に感動したこともあり、東京に戻ると「SMAP×SMAP」の人気コーナー「BISTRO SMAP」で、「ビーフシチュー仕立てのミートソース」を真似たメニューを作ったそうです。

SNS上にも“SMAPの影響力は本当に凄い”の声

放送を見た人からは、「普通にビストロSMAPって言ってて嬉しかった」「木村拓哉さんがBistro SMAPって単語を言ってくれた番組名だから言っても良いってことだとしても、ありがとう」などの声があがり、木村さんの口からSMAP関連のワードが出るとやはり嬉しいと感じるファンが多いようでした。他にも、「ビストロSMAPを見てシェフになった人がいるSMAPの影響力は本当に凄い」というコメントもあり、改めてSMAPの影響力に関心する声もありました。木村さんから、「BISTRO SMAP」の裏話を聞けたことや、東日本大震災時の対応、映画撮影スタッフに温かいラーメンを振る舞ったエピソードなど、木村さんの素敵な素顔が見れたという意味でも貴重な放送となったようでした。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.