水卜アナの質問に木村拓哉「すごいっすね」とんでもない運命的な逸話が発掘される

投稿日:2023/01/19 12:10 更新日:

1月19日放送の「ZIP!」(日本テレビ系)では、木村拓哉さんがVTR出演。

木村さんはジャニーズ事務所のオーディション秘話を明かし話題を集めました。

水卜麻美

(画像:時事)

■木村拓哉、オーディション前の運命的な出来事を明かす

水卜麻美アナウンサーは映画「レジェンド&バタフライ」で主人公・織田信長を演じる木村さんにインタビューを実施。

水卜アナが「ものすごく“そもそも”に戻って申し訳ないんですけど、最初に芸能界に入られたのは?」を尋ねると、木村さんは笑いながら「そもそもすごいっすね!」とツッコミを入れます。

木村さんによると親戚が履歴書を送り、中学2年生の時にジャニーズ事務所のオーディションを受けることになったとのこと。

そんな木村さんは「3〜4回拒否りました。来てくださいって言われて『嫌だよ』って。勝手に履歴書を送った人がこっちは拒否してるのに『やりたくてもできない人達もいるんだから1回行ってきなよ』って言われて」と、最初はオーディションが嫌だったことを暴露します。

また、木村さんが「わかったよ、うるせーなみたいなテンションで行ったら、地下鉄を降りて階段を上がって、来てくださいって言われてる場所に行かなきゃと思って歩いてたら『すみません、これを受け取ってください』って言われて。『えっ!?』って見たら女の子が手紙と丸い缶に入ったビスケットをくれて」と話すと、水卜アナは「いきなり!」と驚きの声をあげます。

続けて、木村さんは「それで入ってた手紙に『まだ名前も知らない君へ これから応援させてください』っていう手紙を頂いてなんかすげぇなと思って」とオーディションを受ける前に早くもファンレターを受け取ったことを明かしました。

■木村拓哉、ジャニー喜多川の第一印象は「なんだこのおじちゃん」

木村さんがオーディション会場に行くと300人ほどの少年達がダンスを踊っていたとのこと。

会場にいた男性に「せっかく来たんだから一番後ろでやっていきなよ」と指示を受けた木村さんは見よう見まねで一緒に踊ることになります。

木村さんは「でもできなくて…できないっていうことが『くそー!』と思って、『来週もあるから来なよ』って言われて。『来なよ』ってなんだこのおじちゃんと思って。『そもそもジャニーさんってどこにいるんですか?』って言ったら『僕だよ!』って言われて」とその男性がジャニー喜多川さんだったことに気づいたのだとか。

そんな木村さんはできないことの悔しさから次の週もオーディションに通いジャニーズ事務所入りを決意したということでした。

今回の放送にはネット上で「オーディション受ける前にジャニヲタからファンレター貰う木村拓哉さん凄いな」「デビュー前からファンレター貰ったらしい。普通だと、なにそれ!」「話出来すぎでは?キザエピソードとなりそうなのに、『木村さんならありそう』と、木村拓哉さんファンでもないのに、なんか納得したわ」「木村くん最近更にかっこいいな〜」などのコメントが上がっています。

木村さんがジャニーズ事務所のオーディションを受ける前にファンレターをもらったエピソードには驚かされますね。

また、ジャニーさんの第一印象が「なんだこのおじちゃん」だったという話も木村さんらしくて楽しい逸話だったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.