M-1王者・ウエストランド井口にディスられた人たちが…!?秀逸すぎるタグも爆誕「 #警察には捕まらないようにしたい 」

投稿日:2022/12/19 11:47 更新日:

12月18日、漫才の日本一を決める『M-1グランプリ2022』(テレビ朝日系)の決勝戦で優勝したウエストランド。毒舌な口調で言いたい放題してしまう“悪口漫才”で見事爆笑をかっさらい、ネタにされた人たちが次々に反応しています。

東海オンエア・てつや

(画像:時事通信フォト)

■井口浩之、偏見たっぷりの悪口で爆笑をかっさらう!

河本太さんが「ある・なし」クイズを出題し、井口浩之さんが毒舌で回答していくというネタで漫才に臨んだ二人。

その中で、河本さんが「YouTuberにはあるけど、タレントにはない」と話を振る場面が。ここで井口さんは「やっぱりうざい」「再生数に取りつかれておかしくなってる」と言いたい放題。

さらに「若くして大金を得てるからまともではない」「それが明るみに出始めてる」「警察に捕まり始めている!」と悪口が止まりません。

ほかにも「芸人誰でも知ってるようなテクニックを誰かがラジオでポロっと言ったら過剰に驚くんだから」「あ~佐久間さ~んだろ!」と元テレビ東京のプロデューサー佐久間宣行さんを名指し。佐久間さんが自身のラジオ番組で芸人のことを話すことについてチクリと刺すのでした。

■井口にディスられた人たちが…!?秀逸すぎるタグも爆誕「 #警察には捕まらないようにしたい 」

これらの漫才について、YouTuberで東海オンエアのてつやさんは「夫婦仲良くM-1観てたら二人して連続でこき下ろされた」と反応。

井口さんがアイドルについて「アイドルは何としてでも売れてやるっていう向上心がスゴイ」「他人を蹴落としてでも自分だけは売れてやるんだというあくなき向上心の塊」と散々な偏見を披露していたため、てつやさんの妻で元AKB48でアイドルをしていた峯岸みなみさんと共に、今回のネタに当てはまってしまうことをすぐさま呟きました。

そして「#警察には捕まらないようにしたい」とのハッシュタグも添えたてつやさん。この反応の早さに、ネット上では「このハッシュタグ作ったてつや天才やん」「誰があのネタに触れるかなって思ってたら君はほんと上手いね…さすがです…」など、絶賛する声が上がっています。

さらに、名指しされた佐久間さんもTwitterで反応。

M-1を見ていたようで、コンビ名を呟いたり、井口さんだけを番組に呼んでいたことを謝罪したりしていました。

■もしかしてシソンヌのこと?心当たりありのじろうも反論

また「歌にはあるけどコントにはない」という「ある・なし」クイズで「メッセージ性」と答えた井口さん。しかし、ネタにメッセージ性を込める芸人もいることから「単独ライブの最後の20分長尺コントやめてくれ~」と井口さんが嘆く場面もありました。

そのネタの中で井口さんが「チラシをフライヤーと呼び、なんかそれも不条理するやつ」と指摘したことについて、長尺コントをすることで有名なシソンヌ・じろうさんは「チラシのことフライヤーって言ったことはないからな!」と反論。

シソンヌのファンからは「ウエストランドさんの20分以上の長尺コント!…私もシソンヌさんが浮かんでました」「ウエストランドのネタでシソンヌがよぎりって笑いのギアあがりました」などの声が。ウエストランドのネタで名指しはされなかったものの、シソンヌを思い浮かべたという人が多かったようです。

■プロの話術に視聴者も脱帽!「プロの技すごい」

さらに「M-1にはあるけど、R-1にはない」こととして「夢」を挙げ「M-1は決勝いくだけで人生変わるけどR-1は何にも変わんない」と指摘した井口さん。

このことについて『R-1グランプリ2022』で準優勝をしたピン芸人のZAZYさんは、Twitterで「R-1もちょっとは夢あるよ」と反応し、次の投稿で「R-1はM-1ほど夢はないかもだけど僕は優勝しなくてもR-1で売れました」と綴りました。

偏見が入っていたものの、視聴者も薄っすらどこかで感じていることを言葉にして毒舌を武器に切り込んでいったウエストランド。毒で笑いを取るスタイルは、今の時代特に話術が必要になるため、審査員の松本さんはウエストランドのその技術を評価していました。

今回の“悪口漫才”についてさまざまな声があがっていますが「人を傷つけることはよくないけど、ウエストランドの漫才で傷ついた当事者はいないと思うし(そもそも絶妙に確定する当事者のいない切り口にしてる)、プロの話術なんだよなぁ」「ウエストランドの悪口漫才は嫌な気分にならなかった『言い過ぎてる』か『誰もが思った事がある』事で笑わせてるからなのだろう。プロの技すごい」など、感心する声も上がっています。

一口に「悪口」と言っても、笑わせる技術があるプロのウエストランドは流石でしたね。

悪口を言われた側もそれをネタにしていて、その毒を楽しんだ人も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
M-1グランプリ2022
https://tver.jp/lp/episodes/eph8b21eye?p=320

(文:霧島みつき/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.