草彅剛、痛々しい左目眼帯に心配の声「朝起きたら目が痛くて」

投稿日:2022/12/18 18:56 更新日:

12月18日放送の「草彅やすともの うさぎとかめ」(読売テレビ)では、草彅剛さんが以前出演していた「どっちの料理ショー」(日本テレビ系)の裏話を明かし、話題を集めました。

草彅剛

(画像:時事)

■草彅剛、痛々しい左目眼帯に心配の声「朝起きたら目が痛くて」

この日、草彅さんは左目に痛々しく眼帯をつけてスタジオに登場。

「今日朝起きたら目が痛くて、大阪に着いて眼科に行ったら、謎に傷がちょっと…。起きて15秒ぐらい経ったら、『あれ? 左目が開かない』と思って涙が出るわけ。開かないの痛くて、ちょっと傷がついたの。2〜3日これやってれば大丈夫なぐらい。だからそんなに心配なさらないでください」と、経緯を明かします。

■草彅剛「どっちの料理ショー」は"本当すごかった"

1997年4月から2006年9月までレギュラー放送されていた「どっちの料理ショー」は、関口宏さんチームと三宅裕司さんチームがそれぞれ違う料理を取り上げ、最高のシェフが最高の食材で最高の料理を作り、「どっちの料理が食べたいか?」をゲストに選んでもらうバラエティ番組。

草彅さんはレギュラーパネリストとして同番組に出演。

そんな草彅さんは、「ハンパじゃないですよ。冷蔵庫がスタジオの一番端の所、火も使って食材がバンバン入っていくの、魚とか肉とか、牛一頭連れてくんじゃないかってそのぐらい、本当すごかった。めちゃくちゃ美味しい」と当時の記憶を回顧。

負けると絶品料理を食べられない事もあって草彅さんは、「自分が食べたいのもあんだけど、みんなこっち選ぶんじゃないかなってすっごい考えるの」と、駆け引きがあった事を明かしました。

■草彅剛とやすともが選んだ料理とは?

今回は「どっちの“うさかめ”料理ショー」と題した企画を実施。

料理が得意なキングくんは“うさぎシェフ”、料理が下手なスマイル・ウーイェイよしたかさんは“かめシェフ”に扮し対戦。

作る料理は「オリジナル丼とみそ汁」で、料理の腕前に差があるためにうさぎシェフは予算1000円で調理時間は1時間、一方で、かめシェフは予算5万円で調理時間は1週間とハンデをつけます。

キングくんは豚肉とナスのあんかけチャーハンと、3種の混合出汁白ネギみそ汁を調理。

一方で、よしたかさんは高級食材の松葉ガニと但馬牛のサーロインステーキを使った丼と、セコガニのみそ汁を作ります。

料理完成後、海原やすよさんはよしたかさんのかめシェフ、海原ともこさんはうさぎシェフのキングくんを選択。

最終的に草彅さんはキングくんを選び、2対1でうさぎシェフの勝利となりました。

今回の放送にはネット上で、「つよぽん目早く治ってよかったね」「どっちのうさかめ料理ショー楽しかったー。ピョンピョンつよぽんカワエエ、本家料理ショーの裏話思い出してきた!どっちも美味しそうだったなあ」「なつかしいな〜どっちの料理ショーつよぽんよく食べれてなかった気がする笑」などのコメントが上がっています。

本家のパロディ企画「どっちの"うさかめ"料理ショー」が楽しかったですね。また、草彅さんの目も大事にいたらなくて良かったですね。

【番組情報】
草彅やすともの うさぎとかめ
https://tver.jp/episodes/epuie2avvw

(文:かんだがわの/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.