優等生すぎ!?吉沢亮、反抗期が無かった「母ちゃん守ろう!みたいな意識はありました」

投稿日:2022/12/13 18:03 更新日:

12月13日放送の「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)では、役所広司さんと吉沢亮さんがVTR出演。吉沢さんが家族について語り、話題を集めました。

吉沢亮

(画像:時事通信フォト)

■役所広司、吉沢亮に「綺麗な顔してるな」

役所さんと吉沢さんは、来年1月6日公開の映画「ファミリア」に親子役で出演。

インタビュアーを務めた山本雪乃アナウンサーが「共演されてお二人、お互いに印象は変わりましたか?」と尋ねると、役所さんは「印象は変わらないのかな。綺麗な顔してるなって」とコメント。

続けて、映画鑑賞した山本アナが「お顔が似てらっしゃるんですかね。本当の親子のようにどんどん見えてきて」と伝えると、役所さんは「本当? 嬉しいな」と、笑顔を見せます。

また、役所さんは「初めて俳優を経験する人達が多かったんで、そういう意味では吉沢君はベテランの域にいた。もっともっとたくさんのシーンで一緒にいたかったなと思いましたね」と、吉沢さんとの共演を振り返ります。

一方で、吉沢さんは「役所さんぐらいになっても、こんなにストイックなんだっていう。本当にこの作品が良くなるようにって考えてらっしゃるんだなっていうのをすごい間近で見て、すごく勉強になりました」と、役所さんから学ぶ事も多かった事を明かしました。

■優等生すぎ!?吉沢亮、反抗期が無かった「母ちゃん守ろう!みたいな意識はありました」

役所さんと吉沢さんは、兄弟が男だけという共通点があるとのこと。

そこで、家族との思い出を尋ねられた役所さんは、「家族で商売やってましたんで、もちろん末っ子の僕もなんらかの仕事を与えられて、手伝わなきゃいけない。そういう意味ではワンチームでしたね。男ばっかりだから、おふくろの事は守んなきゃって暗黙のルールがあった」とコメント。

吉沢さんも、「まぁうちも『母ちゃん守ろう!』みたいな意識はありましたね。反抗期ともかも誰一人くる事なく、すごい仲は良いし」と、役所さんと同様に兄弟の仲間意識は強かった事を明かします。

また、山本アナが「『クソババァ!』とかそんな事は言った?」と尋ねると、吉沢さんは「聞いた事ないですね。めちゃくちゃ怖かったんで、お母さんが。兄弟全員が剣道をやっていて、家に木刀とかいっぱい散らばってるんですよ。(母が)怒りだすと(木刀を)握ってこうなるんで」と、母親に逆らえなかった事を明かします。

さらに、「家族内の変な決まり事」について、吉沢さんは「うちは電話が鳴るじゃないですか、僕の横で電話が鳴っても、その場に僕より下の弟がいたら取られなければいけないっていう暗黙のルールがありまして」と答えていました。

今回の放送にはネット上で、「役所広司さん人間的に素敵だし、ほのぼのしていて、吉沢さんも気を許している感が伝わる〜」「吉沢家のことがまたいっぱい知れたー」「大先輩なのにいつも褒めてくれたりニコニコ役所さんも素敵、最後、伝家の宝刀"電話ネタ"でキレイにまとめてさすがです」などのコメントが上がっています。

電話は一番下の弟が取らないといけないという吉沢家の謎のルールが面白いですね。

また、男兄弟だけだったという事もあり反抗期もなかったというエピソードも興味深かったですね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.