SKY-HI、『THE FIRST』振り返り明かした本音「ずっと一緒にいたから…」

投稿日:2022/12/12 16:47 更新日:

12月2日放送の「バゲット」(日本テレビ系)に、SKY-HIさんが出演。「THE FIRST」のオーディション秘話を語りました。

SKYHI

■SKY-HIが自ら会社を設立した理由とは?

SKY-HIさんは、2020年に音楽事務所・BMSGを設立し、私財を1億円を投資してボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」を開催。

オーディションで選ばれた7名が、BE:FIRSTとして2021年にデビューを飾りました。

インタビュアーを務めた笹崎里菜アナウンサーが「会社を作ろうと思ったきっかけ」を尋ねると、SKY-HIさんは「音楽を作るって事は高校生ぐらいから普通の事だったので、自分で好きな音楽を作って、より自分の理想とする形で届けるために会社を作るのは自然な事だった」とコメント。

また、「エンターテインメントにおいて音楽が使われる位置になっていないか、音楽がアクセサリーになっていないかとか、音楽生み出すアーティストがアクセサリーになってないかという事に対する違和感はすごいあったので…。メジャーなアイドルとかJ-POPというところにいて、ネガティブな思いをした事も本当に多い」と、業界に対する不満があった事を明かします。

そんなSKY-HIさんは、「それはやっぱり執念というか、情熱になって、遠回りが本当に多い人生だったんで…。その遠回りが何のためにあったんだろうと考えると、本当に音楽的にかっこいいボーイズグループを作るために今までのキャリアがあったんじゃないかって思うと、すごい自分の中では腹落ちがすごかった」と、自ら会社を設立した理由を力説。

■SKY-HI、『THE FIRST』振り返り明かした本音「ずっと一緒にいたから…」

さらに、笹崎アナが「『THE FIRST』私も拝見していたんですが、今だから言える裏話とかありますか?」と尋ねると、SKY-HIさんは「あんな裏側までペロペロ見せてる番組に?」と話し、笑顔を見せます。

しかし続けて、「割と映っている以上に、ずっと一緒にいたってのは確かもしれないですね。自分も含めて16人から最後12人まで、マジで起きてから寝るまで、同じところに住んでるから当然なんだけど、ずっと一緒にいたから、たまに物音聞こえなくなるとすごく寂しいとか」と、今だから話せる事を明かしました。

また、笹崎アナが「そこでの仲の良さとか絆っていうのも、社長とアーティストっていう関係性ではあると思うんですが、普通より近いといいますか」と聞くと、SKY-HIさんは「もう変わりようがないですね」とコメント。

続けて、「だってみんな0年目だけど、俺も社長1年目だからあんま変わんないよねって話はよくしてたけど、マジでそうだったんで。みんなで作っていこうっていう空気は本当に強かったと思いますし、本当に一番美しい形で合宿を進行及び終えられってのは誇りに思ってますね」と、オーディションを振り返ります。

インビューの最後、「今後の野望・展望」について、SKY-HIさんは「2022年に培った成績とかを財産とするのなら、その財産をもう1回全部かけるつもりでもう一勝負いかないといけないかなっていうのが2023年になるのかなと思ってます」と、新たな挑戦の1年にしたい抱負を述べました。

今回の放送にはネット上で、「社長のお話しだけどたくさんビーファの映像出てきて嬉しい、しっかし、どのアングルから映っても社長は美しいわ…」「いっぱいBE: FIRST出てきて幸せSKY-HIのザストメンバーへの所属アーティストへの愛が深い」「2023年にもう一勝負とは、何だろね。いつも驚きやワクワクをくれるBMSG、日高社長に期待」などのコメントが上がっています。

SKY-HIさんの「物音聞こえなくなるとすごく寂しいとか」という言葉からも、BE:FIRSTのメンバーへの愛が伝わってきましたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.