「声優に顔は必要ですか?」究極の質問にルフィ役・田中真弓が持論!

投稿日:2022/12/10 16:09 更新日:

12月10日放送の「ワルイコあつまれ」(NHK Eテレ)では、声優の田中真弓さんがゲストとして登場。

「声優に顔は必要ですか?」という際どい質問に答える田中さんの姿が話題を集めました。

■田中真弓が「ワルイコあつまれ」に登場

子供たちから質疑応答にゲストが答える「子ども記者会見」のコーナーに今回登場したのは「天空の城ラピュタ」のパズーや「ONE PIECE」のモンキー・D・ルフィの声で知られる田中さん。

声優の仕事について香取慎吾さんが「何かアニメっぽくした方がいいんですか?それとも自分の声で…感情でなのか」と尋ねると、田中さんは「これが何を求められてるかを…。だから宮崎駿監督なんかは声優の芝居が嫌いって言われてる意味は私分かるんですよ」と監督によって求めるものが違う事を明かします。

続けて、田中さんは「要するに説明的な芝居、それをできなくちゃいけないんだけど、そうじゃない事を求められてるかもしれないんです」と、求められていることが真逆のこともあるのだとか。

「だから何を自分が求められていて、このアニメの中の空気がどういう空気?みたいなのをやっぱ感じ取れないと。でも宮崎監督なんかはやっぱり少年少女はそのまんまでやりたいって思われるんじゃないですかね」と監督の意図を汲み取る事が大事と力説しました。

■香取慎吾が声優の仕事でダメ出しされた理由とは?

ここで、稲垣吾郎さんが「僕らタレントさんを起用してくださったりするじゃないですか。僕ら声優さんの声出せないじゃん。やっぱこの声になっちゃうじゃん、分かるでしょ?」と香取さんに話を振ります。

香取さんは「僕若い頃に映画とかでやらさせてもらった時に『おれはな!』ってやったら『あっそういうのいらないんで』みたいな感じで…。でも『おれはさ』って言うと『それです!』って言いながら何か」と、声優っぽい演技をしない方がいいケースがあったそう。

続けて、田中さんが「やった気がしないみたいな感じでしょ?」と聞くと、香取さんは「でもまあそうだよなと思って。香取慎吾で来てくださいって言われてるから『おれはさ』でいいんだな。でも気持ちは『おれはな!』みたいな感じなのに何か全部の言葉を『それいらないです』って言われながらやった覚えがある」と、やった感はなかったものの、何を求められているかを汲み取っていった事を明かしました。

■「声優に顔は必要か?」究極の質問に田中真弓が持論

ここで、1人の子ども記者が「声優に顔は必要ですか?」と尋ねると、田中さんは戸惑いつつも「すごい質問!」と称えます。

「正直に答えるとですね…私たちの頃は全く顔は関係なかったです。声の役があってるかどうかだった。今は違います」と、当時といまの違いを解説。

当時は俳優を目指す劇団員などが生活のために声優をやることも多かったそうで、「テレビや映画に出たいって私も思っていましたし、普通のアルバイトしてるよりは声の仕事でも役者の部類の仕事をしてた方がいいじゃないですか。だから声の仕事をみんなやるんですね。私たちの世代の人はみんな俳優になりたいと思っていたけど、気がついたら声優だったっていう人がほとんど」と元々は声優希望ではなかった事を明かします。

さらに、香取さんから声優を目指すのに必要な事を聞かれた田中さんは「台本ってやっぱり日本語がきちんと読めないとダメだし意味合いが伝わらないし、作家の意図も読めないし。国語の勉強って大事だなって思ったり。もし役者に興味があったら国語の授業は大事にして欲しいですね」と国語の大切さを伝えました。

今回の放送にはネット上で「田中真弓レベルから見ても今の時代の声優は顔も必要なのね」「声優に顔(綺麗)必要かて凄いこと聞くな(笑)真弓さんウケてる」「慎吾ちゃんも吾郎さんも声優のお仕事経験あるからお話盛り上がるね」などのコメントが上がっています。

「声優に顔は必要ですか?」という質問は驚きましたが、田中さんが今の時代は必要としつつ、お芝居と大切にして欲しい、そして、国語の勉強をきちんとして欲しいと話されたところに長年第一線で活躍されている理由が分かったような気がします。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.