ジェジュン、来日当初は「苦しかった」日本人に対して疑問に思っていたこと吐露

投稿日:2022/11/19 14:29 更新日:

11月18日放送の「JJジャーニー」(フジテレビ系)では、ジェジュンさんがアコースティックver.で最新曲「僕を見つめて」を披露し話題を集めました。

ジェジュン

(画像:EPA=時事)

■ジェジュン、来日当初は「苦しかった」日本人に対して疑問に思っていたこと吐露

今回はジェジュンさんがファンからのお悩み相談に答える企画を実施。

今回のお悩みは、結婚して韓国に移住したものの文化の違いで気疲れしなかなか友達ができないというもの。

「ジェジュンさんは日本で活動する中で、日本の文化を理解して順応したり友達を作るためにどんな努力をしましたか?」と質問が届きました。

このお悩みにジェジュンさんは「早く早くっていう文化が韓国にはあって、最初日本に来た時は苦しかったんですね。何で遅いの?とか思った」と、行動のスピード感が日本と韓国で違うことを説明します。

「(日本人は)ゆっくりなんで、もうちょっと早く動いていいんじゃないかなってのもあったんですね」と来日当初は文化の違いに苦労した事があるのだとか。

それでも、ジェジュンさんは「日本の事を勉強したり経験したりすると全然慣れてきて大丈夫です…。人それぞれ違うので人に合わせる性格を持ってるかそうじゃないか」と、国特有の文化だけでなく個人の性格もよく見ることが大切であることに気がついたそう。

「僕は(人に)合わせられるようになってきたんですね」と、順応の秘訣を明かしました。

順応することの大切さを説く一方で、ジェジュンさんは無理しないことの大切さにも触れます。

「仕事関係だとしょうがないんですけど、友達付き合いでは(無理に)合わせなくてもいいんじゃないかな。自分の個性をそのまま持っていった方が一番いいんじゃないかなと思います」と温かいメッセージを添えました。

■ジェジュン、ファンを叱る?

続いて、別のファンからは「私は半年前からジムに通っていますが、大好きなお菓子がやめられず、なかなか痩せる事ができません。もう挫折してしまいそうです。ジェジュンさん!こんなダメダメな私を叱ってください!ジェジュンさんに叱ってもらえたら頑張れそうな気がします」とお悩み相談が寄せられます。

すると、ジェジュンさんはカメラ目線で「太っても可愛いからそれでいいだろ!」とコメント。

番組で共演するドランクドラゴン・鈴木拓さんが「叱ってください!」とツッコミを入れると、ジェジュンさんは「太りすぎると健康に良くないからちゃんとダイエットして健康になれ」と優しくファンを叱ります。

ここで妙なスイッチが入った様子のジェジュンさんは「痩せろ!痩せろって言ってんだよ!健康ね」とさらに煽りファンのリクエストに本気でこたえたのでした。

■アコースティックver.の「僕を見つめて」でファンと一体感

エンディングではジェジュンさんが「これやりたかった」と最新曲「僕を見つめて」を加藤大祐さんが弾くアコースティックギターの音色に乗せて優しく歌い上げます。

曲の後半、ジェジュンさんが視聴者に向けて「手を挙げて」と呼びかけるなどファンとの一体感を大切にする場面も。

ジェジュンさんは「みんなこの番組必ず見てください!」「今日1日鈴木さんと本当に楽しかったから…鈴木さんの事愛してるよ!」と伝え最後を締めくくりました。

今回の放送にはネット上で「アコースティックver.の僕を見つめてもよかったなぁ。優しい歌声
」「お悩み相談、いいね〜。質問内容もいいし、ジェジュンらしい答えもステキ 」「大祐さんのギターとジェジュンの優しい歌声癒されるいい夢みれそう」などのコメントが上がっています。

ファンからのお悩み相談に丁寧に答えていったジェジュンさん。文化の違いについて真剣な回答をしたかと思えば、ダイエットについてはお茶目なセリフが出たりとジェジュンさんの魅力たっぷりの番組になったようです。

【番組情報】
JJジャーニー
https://tver.jp/episodes/epqfpp81da

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.