ウタ「紅白」出場でネットで大喜利始まってしまう…巻き込まれる大泉洋

投稿日:2022/11/17 12:33 更新日:

11月16日、大晦日恒例の「第73回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)の出場者が発表されました。紅白合わせて42組と特別企画の1組のアーティストのなかには、初出場として映画『ONE PIECE FILM RED』のキャラクター・ウタの名前が。ウタが「紅白」に出場するということで、ワンピースファンなどから驚きの声が上がり、突如大喜利が始まってしまうなど、大きな反響を呼んでいます。

大泉洋

(画像:時事通信フォト)

■ウタ出場でネット騒然「私たちもウタワールドの一員!?」

今年8月に公開された『ONE PIECE FILM RED』。主人公のモンキー・D・ルフィが海賊を目指すきっかけにもなり、未だに謎が多い四皇・赤髪のシャンクスも登場するとあって話題を呼びました。

この物語のキーマンになるのが世界を魅了する歌姫・ウタです。台詞部分の声優は名塚佳織さん、歌パートは『うっせぇわ』で一世を風靡したAdoさんが担当。劇場でその歌声を響かせ、多くの人を魅了しました。

そして今回、ウタが「紅白」に出場することが決定。すると、ネット上では「ウタが紅白で歌ったら私たちもウタワールドの一員!?わあ!大変だ!!」「ウタが紅白出場決まってたけど全国放送して大丈夫?みんなウタワールドに行くことなるけど」「紅白ウタ参戦で最高なんだけど能力的に最悪」などの声が。

SNSでは“ウタワールドに連れていかれる”と、映画の世界と「紅白」を結び付け「それって危険では?」と想像する声が続出したのです。

※ここからは、映画『ONE PIECE FILM RED』のネタバレを含みます。映画をご覧になっていない方はご注意ください。

■【ネタバレ含む】『ONE PIECE FILM RED』あらすじ

ネタバレを含むあらすじを簡単に紹介します。シャンクスの娘であるウタは、歌を聴かせた人を眠らせて仮想空間に閉じ込める「ウタウタの実」の能力者。眠らされた人は、その仮想空間から自ら出ることはできません。さらに、ウタは現実世界で眠っている人たちの体を自在に操ることができます。

ウタの目的は、自身の能力を使い人々を仮想空間に閉じ込め“ウタワールド”で人々を幸せにすることでした。ウタが眠れば能力は解除されますが、ウタは眠れなくなるネズキノコを食べます。これによって自らの体力と生命が尽き、人々を“ウタワールド”に閉じ込めようとしていたのです。

また、物語の舞台は音楽の島・エレジアで、そこでライブを開催し多くのファンを集めたウタ。現地に来られないファンには映像電伝虫を使い、全世界にライブの模様を生配信。全人口の7割がウタの歌声を聴き“ウタワールド”へ誘われてしまいます。

さらに、エレジアの地下には魔王・トットムジカが眠っていて「ウタウタの実」にはトットムジカを蘇らせる能力が。ウタはこのことを知りませんでしたが、トットムジカは現実世界と“ウタワールド”のどちらにも出現し、世界を破壊してしまう危険な存在なのでした。

■ウタ「紅白」出場でネットで大喜利始まってしまう…

ウタの歌声は素晴らしいものの、その能力は使い方によっては危険を伴うもの。さらに、映画でも生配信で歌声を配信していたことから、生放送の「紅白」とリンクするとネットで話題に。早速ウタワールドを妄想する人や、トットムジカを想像し大喜利を始める人が続出。

ネット上では「トットムジカは呼び出されない…よな?」「日本の7割ウタワールドに引きずり込まれて新年迎えたりしない?」「年越しみんなウタワールドにいるじゃんこれ」などの声が。

そのほかにも「今頃海軍焦ってるでしょ、配信や全国放送でウタワールド拡散だよ??」「ウタちゃんが地上波で歌ったのならそれはつまりバスターコール案件なのでは?年末くらい休め海軍」「みんなお正月休み(仮想世界)から戻れない!!まあその方がええか!!!」と大盛り上がりする声も上がっています。

■ウタに巻き込まれる大泉洋

また、今年の「紅白」の司会は大泉洋さん、橋本環奈さん、櫻井翔さん、桑子真帆アナウンサーが務めます。

3年連続で司会を務める大泉さんは、昨年の「紅白」で映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』とコラボ。主要キャラクター・葛城ミサトから「こうなったら大泉、あなたがエヴァに乗りなさい」と無茶ぶりされるというシーンがありました。

そのため、今年の「紅白」でも大泉さんがウタやルフィ、シャンクスから無茶ぶりされるのではないかと期待する声が。ネット上では「大泉洋がエヴァに乗ってトットムジカ倒す演出!?」「『おい!ウタの音声が紅白で流れているぞ、音声を切れ!』大泉洋『音声が切れません』カチカチみたいな寸劇あるのかな」「ウタウタの実の能力で眠った大泉洋が現実世界のシャンクスと暴走したトットムジカを倒して新時代(2023年)を迎えるんですよ」などのコメントが上がっています。

さらに「紅白でウタちゃんがトットムジカ歌って全力で止める大泉洋は見たすぎるw」「大泉洋さん今年はウタが出場するからトットムジカとバトることになるのか...?」「皆トットムジカで大喜利始めてめちゃくちゃです何故か大泉洋が巻き込まれてる割合が多い」という声も。

なぜか、魔王・トットムジカと戦う展開を期待されている大泉さん。ファンたちの大泉さんを軸にした妄想はまだまだ止まりそうにありません。

今年の「紅白」でどんな演出が見られるのか、それだけ楽しみにしている人が多いという証拠なのかもしれませんね。

(文:霧島みつき/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.