「黒歴史」とされてきたラ・ムー、30年の時を経て大ブレイク!火付け役Night Tempoに菊池桃子が正式「お礼」

投稿日:2022/11/16 17:47 更新日:

毎週火曜日放送のテレビ番組「マツコの知らない世界」(TBS系列)。11月15日の放送では、日本の80年代昭和Pop'sが海外で注目されていることが紹介されました。

菊池桃子

(画像:時事通信フォト)

■海外で日本の80年代Pop'sが大ブーム?スタジオに火付け役が登場!

日本では1980年代にリリースされた楽曲が、現在海外で大流行を起こしており、韓国人のDJ兼プロデューサーであるNight Tempoさんがその火付け役としてスタジオに登場します。

マツコ・デラックスさんは「すごい時代になったよね。私たちですら忘れてるような曲をさ、外国の人が見つけてくれてさ」と話した後、Night Tempoさんに「何がキッカケだったのよ?」と、ハマったキッカケを質問します。

Night Tempoさん曰く、父がお土産で買ってきた中山美穂さんの楽曲『CATCH ME』に衝撃を受けたことが始まりだったそうです。

その後はWinkにどっぷりとハマることに。「韓国はそういったカセットとか、日本の80年代のものが90年代に入ってからすごく流行ったんですよ」と説明しました。

5年前には趣味で作った竹内まりやさんの『PLASTIC LOVE』Re-edit版をネットにアップロードしたところ、それが“大バズり”を起こしました。

「やりたいことをしよう」と思ったNight Tempoさんは、会社を辞める決心を固め、DJやプロデューサーとして現在の活動を行なっています。

■80年代のPop'sには“懐かしさ”がある?

海外で80年代昭和Pop'sが流行っている1つの要因として、住んだことはないけれども“懐かしさ”を感じるという意見が多いそう。

マツコさんは「懐かしさは私たち、向こうの人の気持ちわかんないけど。寂しさはわかる。圧倒的に日本の歌って寂しい。あれなんだろうね」と反応します。

「感情的なものがすごく日本の歌は。良く言うと『寂しい』『悲しい』だけど、悪く言うと『しみったれてる』。湿気を感じるこう、カラっとしてないのよ。それはね、すごい日本の歌って、独特だなあって思う」と、自身の感情を表現しました。

Night Tempoさんも「イントロも、昔の日本の音楽って、イントロに価値があるじゃないですか」と同意すると、「ていうか私、今の音楽をあんまり聴かない理由の1つも、イントロも間奏もない」と続けたマツコさん。

「忙しいですよね」と反応したNight Tempoさんに対して、マツコさんは「そう何か、もちろんラップが入ったりとか、メロディーが2番変わったりとかさ。変化は頑張ってつけてるけど。ギターソロとか入ってないと、大して変わらないじゃん。1曲通しての物語としては。何か物足りないんだよね」と明かしました。

しかし、マツコさんは「また言い過ぎると、『オワコンオカマがノスタルジーで語ってる』って、また言われるからやめよ」と話します。

一方、Night Tempoさんは「でも、『ノスタルジー』って言われてもいいと思います。逆に今は、みんなが『ノスタルジー』を言っているので。今は大丈夫です。自分が自分に偏見を持っていると、厳し過ぎるんじゃないかな?」と、マツコさんをなだめてスタジオを笑わせました。

■長年「黒歴史」とされてきたラ・ムー、30年の時を経て大ブレイク!火付け役Night Tempoに菊池桃子が正式「お礼」

さらに、スタジオには「Night Tempoさんにお会いしたい」と話していたという、菊池桃子さんが登場します。

当時を代表するアイドル歌手、そしてラ・ムーとして活動していたことでも知られる菊池さん。Night Tempoさんはラ・ムーの楽曲のRe-edit版を世界に発信してきました。

菊池さんは「本当にNight Tempoさんに感謝していて。私、自分の声にコンプレックスを持っていたんですよ。ずっと」と明かすと、マツコさんは「その声がいいんじゃない。でも、あれだけモノマネとかされたら嫌になるわよね」と話します。

「どこか自分の声を笑われているんじゃないかと思っていて」と明かした菊池さんは、「あと自分の歌唱力もあまり声量がなくて、小さい頃から歌のレッスンをしてたとかいうわけでもないから、いつかお礼をちゃんと言わなきゃと思っていて」と続けました。

Night Tempoさんの影響もあり、菊池さんは外国の方のファンが急増しており、SNSでもメッセージが届くようになったんだとか。

コンプレックスだったはずの声を世界中で肯定されるようになり、お礼を伝えたかったそうです。

マツコさんは「当時からやっぱり、桃子さんのすごいチャームポイントの1つだっていう認識をしてる人の方が多い。だから、中には揶揄する人もいただろうけど。やっぱ、声が唯一無二の人って強いよね。歌ってる時の声が。桃子さんに似てる声っていない気がするもん」と話します。

マツコさんの話を受けて、「ないです」と断言したNight Tempoさんに対して、マツコさんは「何だこの野郎お前。急に『俺の女です』みたいな感じのお前」と返し、スタジオを笑わせました。

ネット上では、「nighttempoさんゲストで80年代JPOPテーマにまさに神回」や「今日は神回だな」など番組に熱中する視聴者だけでなく、「やばい!Night Tempoすごい好きになってしまった。ライブ行きたい」のように、Night Tempoさんにハマる方も多く見られました。

80年代日本のPop'sの魅力を損なわずに世界に発信しているNight Tempoさんの、当時への愛情がたっぷりと感じられた今回の放送。

長年、菊池さんの「黒歴史」のように揶揄されてきたラ・ムーが30年以上の時を経て世界に評価されるようになるとは驚きの展開ですね。

実はラ・ムーが好きだったという当時のファンにとっても嬉しいお話だったのではないでしょうか。まさに“神回”でした。

【番組情報】
マツコの知らない世界
https://tver.jp/lp/episodes/ep311rt9im

(文:横浜あゆむ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.