マツコ「良い子は良い子だし、ダメな子はダメなの」親御さん達を悩ませてきたアノ問題に斬新すぎる解決案!?

投稿日:2022/11/15 18:14 更新日:

毎週月曜日から金曜日に放送されているテレビ番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)。11月14日の放送では、反抗期に関するトークに注目が集まりました。

マツコ・デラックス

(画像:時事)

■反抗期は親に手を出されていた若林史江、“やり返し”を試みると母から衝撃の一言が!

番組では、反抗期に関する話題が取り上げられ、若林史江さんは自身の反抗期が凄かったと振り返ります。

「自分の主張があるにもかかわらず、前から言ってますけど、うちの親は叩く親だったので、力でねじ伏せられてたイメージがあって。鬱屈としたものがあって」と話しました。

そんな若林さんが中学校に上がったばかりの頃。

再び殴られそうになった際、「殴って済むなら殴れよ!」と言い放つと、母は「なんでこんな子になっちゃったのよ〜」と泣き出してしまったそう。

それ以来、親側の方向転換もあり、手を出されることはなくなったんだとか。

スタジオでこの話を聞いていたマツコ・デラックスさんは、「そのお母さんの読みは、それからずっと続いてるってことよね。なんでこんな子になっちゃたのかっていう」と話すと、若林さんも「仕上がりがこれだからね」と笑いました。

■今の子どもたちに反抗期はない?若林史江の主張にマツコ「あんた洗脳されてるわよ」

一方、マツコさんは反抗期について、「みんな昔の子って『クソババア』とか言ってなかった?」と切り出すと、若林さんは「今の子言わないからね〜」と反応。

このことはマツコさんも知っていたらしく、「今の子は本当に反抗期ないみたいよ」と続けると、垣花正アナウンサーは「でも反抗期ない方が結構、心配っていう…」と問いかけます。

しかし、若林さんは「それも昔の考え方」と反応し、「やっぱり小さい時から1(人の)子として、相手の意見を認めてあげて…」と、子育てを経験しているからこその意見を発しました。

マツコさんは若林さんの一連の主張を聞いて、「それも洗脳されてるわよ、あんた」と話しています。

■マツコ「良い子は良い子だし、ダメな子はダメなの」親御さん達を悩ませてきたアノ問題に斬新すぎる解決案!?

マツコさんの意見は続き、「反抗期とか関係ないの! 良い子は良い子だし、ダメな子はダメなの」と話します。

「反抗期とか関係ないの! 良い子は良い子だし、ダメな子はダメなの。それは。私たちはダメな子の代表だから」と自虐ネタを挟むと、「こういう風にしかならない子もいるっていうのは、親御さんも諦めないとね。こんな仕上がり、恐怖だと思うよ。自分の子どもがこんな風に育っていったら」と語るマツコさん。

「そうかなあ?」と話す垣花アナウンサーを差し置いて、「怯えないで〜!」と世の中の親世代に訴えました。

ネット上では、「フミエールもマツコちゃんもダメな子代表・・・」「ダメな子の代表w」といったマツコさんのトークに反応する視聴者だけでなく、「親子で方向性が同じなら反抗期はないと思う」など、反抗期に関する様々な意見も見られています。

確かに反抗期は人によって長かったり短かったり、もしくは全くない人もいますよね。

最近の子どもたちの傾向というよりも、強引に「ダメな子はダメ」と自虐するマツコさんが非常に面白かったですね。

(文:横浜あゆむ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.