妻夫木聡「二宮(和也)君のフリして妻夫木って書きました」ヴェネツィア国際映画祭で珍事!?

投稿日:2022/11/11 14:35 更新日:

11月11日放送の「あさイチ」(NHK総合)の「プレミアムトーク」に俳優の妻夫木聡さんが出演。妻夫木さんは海外の映画祭でトラブルに見舞われた事を明かしました。

妻夫木聡

(画像:AFP=時事)

■妻夫木聡、100万以上の衣装を紛失も…

妻夫木さんが主演を務める映画『ある男』は、第79回「ヴェネツィア国際映画祭」のオリゾンティ・コンペティション部門に出品された話題作。

妻夫木さんは共演の窪田正孝さん、監督の石川慶さんと共にヴェネツィア国際映画祭に参加。

鈴木奈穂子アナウンサーが「映画祭のヴェネツィアではアクシデントもあったと」と尋ねると、妻夫木さんは「ありましたね…ロストバゲージ(※荷物紛失)をして。全部の荷物の中で僕の衣装が入った荷物だけがロストバゲージして」とトラブルに見舞われた事を明かします。

ヴェネツィア到着の翌日には写真撮影の予定があったのですが、配給会社のスタッフが気を利かせて撮影を午後にずらし、空いた午前中に妻夫木さんが衣装を購入できるように「DIOR」に訪問できるように手配します。

妻夫木さんは「(DIORで)色々とフィッティングをして、その現地の人達に逆に助けられて。『あなたがわざわざ来てくれたんだからヴェネツィアに来た事をやっぱり良かった事だと思ってほしいから、それはプレゼントするよ』って衣装までくださって…。ロストバゲージをしてすごく嫌な思いをしたと思っていたら逆に倍返しでいい事が返ってきた」と明かします。

妻夫木さんによると「(無くした荷物には)タキシードととかも2着ぐらい入ってたんで、100万円以上のものが中に入っていたんで。これは盗まれたのかもしれないなと思っていたら、1ヶ月ちょっとぐらいたったら急に『成田に届きました』って連絡が来て…どこにいたんだよみたいな。君はもしかして成田から発ってないんじゃないの?ずっといたんじゃないのって」と語りました。

■妻夫木聡「二宮(和也)君のフリして妻夫木って書きました」ヴェネツィア国際映画祭で珍事!?

視聴者からの質問に答えるコーナーでは「どこから見ても人が良くて、爽やかなイメージの妻夫木さんですが、実はワイルドで、こんな悪いところを持ってるんだぞってところはありますか?ちょっとした黒い妻夫木エピソードなど聞きたいです」との質問が寄せられます。

すると、妻夫木さんは「黒いのかどうかはよく分からないんですけど、それこそヴェネツィア映画祭に行った時に、色んな方がサインくれサインくれっておっしゃってくれて、サインを書いていたんですよ。でも、ある時、なぜか二宮君の写真を持ってサインを書いてくれって言われて、二宮君のフリをして『妻夫木』って書きました」と嵐・二宮和也さんと間違われた事を明かします。

ちなみに、妻夫木さんと二宮さんは映画「浅田家!」(2020)で兄弟役で共演。

この話を聞いた鈴木奈穂子アナウンサーが「名前は自分の?」と伝えると、妻夫木さんは「兄弟役だったし(妻夫木のサインでも)いいかと思って。彼は僕なのか二宮君なのかよく分かっていないと思います」と話し笑顔を浮かべました。

今回の放送にはネット上で「衣装プレゼントの話があぁイタリアぁ!って感じでイタリアだった」「ブッキー兄ちゃん最高のエピありがとーそれニノちゃんに是非伝えてください!直接会って!」「世界で一枚のサインになって逆に羨ましいわー」などのコメントがあがりました。

妻夫木さんが兄弟役で共演した二宮さんに間違われるもそのまま「妻夫木」とサインとしたというエピソードが面白いですね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.